【貧困女子】給料前借で服を買い、親の老後資金を使い込む……“私は特別”という病~その1~

【貧困女子】給料前借で服を買い、親の老後資金を使い込む……“私は特別”という病~その1~

女性誌『Suits WOMAN』で注目を集めた「貧困女子」。これは普通の毎日を送っていたはずが、気がつけば“貧困”と言われる状態になってしまった女性たちのエピソードです 。

酒井佳衣子さん(仮名・35歳・IT関連会社勤務)の借金は約300万円。借金の原因は1年に2回以上行く、海外旅行と買い物代だと言います。

「そこそこいい会社に勤務しているから、クレジットカードは天井知らずで使えるし、借金だってしようと思えばいくらでもできます。昔、ウチの会社は給料の前借ができていたので、20代後半は、カードの限度額を超えると、会社から借りて、服を買っていました」

佳衣子さんのクローゼットの写真を見ると、ハイブランドの服がズラリと並んでいます。中には、袖を通さないどころか、袋から開けないまま数年間が経過していたというのもザラ。

「このフランスブランドの帽子は20万円もしたのですが、なじみの店員さんに見せてもらった瞬間に『どうしてもかわいいから絶対に買う!絶対欲しい』と声に出して言い、そのまま買ってしまったんです。頭のどこかでは、“こんなの買っても使わないよな”と思っているのに、店員さんが持ってくるとカードを切ってしまう」

わざわざ在庫を探して持ってきてくれた店員さんに悪い、と思う気持ちもあるのだそう。

「せっかく私のために出してきてくれたのに、買わなきゃ悪いって思ってしまう。あとは、お金がないと思われたくないという気持ちがある。ビンボーだと思われると悔しいんですよね。あとはそこらの不美人にこんなかわいいものを渡してなるものか、という気持ちもあったんです」

身長165cm、体重は40kg代前半を常に維持している佳衣子さんは、洋服が似合うスリムなボディーの持ち主。顔立ちもすっきりとしていて美しいです。

「フランスの世界的なデザイナーが子供のころから大好きで、彼女の伝記を読んで生き方に憧れていました。勉強だけはできたので、なんとか名門大学に入れましたが、もともと都会に生まれ育った子と、私では全然違う」

佳衣子さんの実家は、東京都の西側の市部にあります。祖父の代から自営業をしており、地元では“金持ちの家”という扱いをされていたそうです。

父は地元の名士であり、母は元女優でボランティア活動などを積極的に行なっていた。

1 2
不倫 貧困女子 アラフォー 恋愛運 恋愛講座 金運 恋愛 婚活 キャリア 浮気事件簿 アプリ 浮気 運勢 美人探偵 結婚 その1 時短 占い アラサー セカンド
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。