【セカンド女子】連絡してはいけない日が明確!? 夫婦のスケジュールをアプリで共有される、超受け身男との不倫関係~その1~

【セカンド女子】連絡してはいけない日が明確!? 夫婦のスケジュールをアプリで共有される、超受け身男との不倫関係~その1~

20~30代の独身女性の彼氏がいない確率が50%を超える今。いつの間にやら少数派になった彼氏持ちの女性の中には、彼氏はいるもののセカンドポジションのまま、いつまでたってもファースト(本命)になれない女性たちがいます。彼女たちが本命になれない原因は何なのでしょうか……。彼女たちの過去の恋愛から、その原因を探っていきます。

☆☆☆

今回お話を伺ったのは、都内にある通信機器を扱う企業で契約社員として働いている加藤真凛さん(仮名・32歳)。顔回りは顎のラインで整っていて、短いショートヘアが大人な雰囲気を演出しています。服装はフリルカラーとリボンがワンポイントの白いブラウスに、カーキーのロングスカートを合わせて、耳には小ぶりのゴールドのピアス、バックは黒のブランドバックを持っており、シンプルなコーディネートを好んでいるようです。目がパッチリした美人で少し近寄りがたい雰囲気のある真凛さんですが、そんな彼女のセカンド気質はどこにあるのか――。生い立ちや、学生時代の恋愛から話を伺っていきます。

「出身は関西で、両親と2歳下に妹のいる4人家族です。家族仲は悪かったことはないんですが、親との距離感が昔からよくわかりません。親といると妙な緊張感があって、わがままが言えないんです。学生の頃に反抗期もなくて、いつも両親とケンカするのは妹。私は『お姉ちゃんなんだから』という言葉で色んなものを我慢させられてきて、いつしか慣れてしまったのかもしれません。見た目は昔からきつそうだとよく言われるんですけど、全然言いたいことも言えなくて、多数派に思いっきり流されるタイプなんですよ」

初めて彼氏ができたのはいつですか?

「中学生の時に、同じ高校に進学が決まっていた別クラスの同い年の子に告白されて、そのまま付き合いました。嫌いなタイプじゃなかったんで。でも、曖昧な気持ちでOKしたから、付き合った途端にベタベタしてくる彼に合わせるのが必死でしたね。会う度にどんどん気持ちが冷めていく感じがしていました。その子には数か月で振られましたよ。同じ高校に進学したのに、結局新しい子を好きになったみたいで。私は全然平気だったんですけど、周りが心配してくれるから、空気を読んで凹んでいるフリをしばらくは続けていました……。まぁフリをしなくても、そこからは高校時代は彼氏なんてちっともできなかったんですけどね」

進学した短大は、関西でも派手な子が多いとされるところだったとか。馴染むために雑誌と同じような格好ばかりしていたと言います。

「私は服装もどちらかというとカジュアルなものが好きなんですが、モテかわコーデみたいな、ファッション誌の通りの恰好をしていました。髪も長くて、巻いていたし、私は軽いうねりがあるクセ毛なんですが、前髪だけにストレートパーマをかけて、そこからコテを使って巻いていましたね。あの時ほど見た目に気を使っていたことはないです。たまたま友達になった子が、最初は地味だったのに、どんどん垢抜けていって、派手になってしまって。そのスピードについていくのが必死でした。学生なのに20万ほどのローン組んでエステに通ったりもしていましたね……」

学生時代は友人に合わせるだけで必死な毎日。社会人になり、職場で彼氏ができて、結婚の約束をしたものの……

1 2
結婚 貧困女子 運勢 iPhone 婚活 アラサー 不倫 金運 その1 恋愛運 美人探偵 占い セカンド アラフォー 浮気 浮気事件簿 恋愛 アプリ 恋愛講座 時短
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。