【セカンド女子】連絡してはいけない日が明確!? 夫婦のスケジュールをアプリで共有される、超受け身男との不倫関係~その2~

【セカンド女子】連絡してはいけない日が明確!? 夫婦のスケジュールをアプリで共有される、超受け身男との不倫関係~その2~

彼氏はいるもののセカンドポジションのまま、いつまでたってもファースト(本命)になれない女性たちに迫る今企画。そのセカンド体質の原因を探ります。~その1~はコチラ

今回お話を伺ったのは、都内にある通信機器を扱う企業で契約社員として働いている加藤真凛さん(仮名・32歳)。目がパッチリした美人で、一見きつそうな、少し近寄りがたい雰囲気のある女性です。

出身は関西で、両親と2歳下に妹のいる4人家族。小さい時から家族の中でも空気を読むことが多く、学生時代は周りに合わせて好みじゃない服装で全身をコーディネート。社会人になり、結婚の約束をした男性の影響でビジネスセミナーに行くようになり、彼に合わせて仕事を辞め、一緒に上京します。

「結婚だと大っぴらにしたわけじゃないけど、退職時期がほぼ一緒だったので、私は寿退社みたいな雰囲気で送り出されました(苦笑)。上京後はもちろん一緒に住んでいました。だって結婚の約束をしているのに、別々に住むのはおかしいじゃないですか。でも、彼は東京に来て1年もしないうちにまったく家に帰ってこなくなり、しまいには海外の投資をするから海外に行くと言い出したんです。びっくりしましたけど、自分にはない行動力が彼の魅力でもあったから、私もついて行く気でいました。

でも、彼から『今は自分のことだけで精一杯だから』と言って、振られたんです……。あまりにショックだと、人って放心状態になるんですよね。その時はつなぎで始めていた派遣が契約満了で、ちょうどその時は仕事をしていなかったから、しばらくはご飯も食べることができずに数日は家に引きこもっていました。数日で終わったのは、家賃の請求書が来たから。アパートは1階に大家さんが住んでいて、ポストに請求書が入って振り込みをする感じでした。別れたことで家賃は倍払わないといけなくなったし、友人はいないし、親は結婚すると思っているし……。現実的な悩み事が多くて、悲しみに浸っていられなかったんです」

東京に知り合いがいなかった真凛さんは、元彼と数回参加したセミナーの講師をしていた男性に連絡。その男性は親身になって色々やってくれたと言います。

「講師といっても、成功者の体験談みたいなものを話に来ていた男性で、セミナーの後の懇親会で連絡先を交換していたので。その人は彼が置いて行った家具の処分や、新しい住まい、仕事も人を欲しがっている企業の方と会わせてくれたり、至れり尽くせりで。彼がいなくなった後はセミナーなんて参加するもんかって思っていたのに、気がついたらその人に会いたいから行くようになっていました」

独身だと思っていた年上男性には、同じセミナーを手伝っているキャリアウーマンの奥さんがいて……

1 2
貧困女子 不倫 金運 占い セカンド 婚活 アプリ その1 恋愛運 浮気事件簿 美人探偵 アラサー 時短 iPhone アラフォー 恋愛 運勢 恋愛講座 結婚 浮気
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。