堅実女子ニュース&まとめ 【沼にはまる女たち】タカラヅカの中の男性こそが私の理想。憧れの彼のためなら私はこの身を捧げます~その1~

どこにでもいる女性でも気が付くと、その世界の『沼』にハマってしまうケースを紹介する同シリーズ。今回の沼は、タカラヅカの男性こそ理想と思って、彼(彼女?)中心の人生を送ってしまう「タカラヅカ」の沼です。

「そもそもの発端は、大恋愛の末に結婚した旦那と離婚して、現実の男性に夢を見られなくなったことにあると思います……」そう語るのは圭子さん(38歳)。現在事務のパートをしているバツイチのシングルマザーです。

圭子さんはショートヘアのキリッとした顔つきで、個性的なジャケットとパンツの出で立ちが、すらっとした長身にとても似合っていて、まるで彼女がタカラヅカの男性役のような雰囲気の持ち主です。現在パート中とはいえ、かつてのバリキャリ時代の面影を感じさせます。

大恋愛の末に結婚した旦那のモラハラがストレスで円形はげに

圭子さんは現在小学生の娘さんがいるシングルマザー。もともとはバリバリのキャリアウーマンだったのに、結婚出産を機に、家庭の歯車がうまく回らなくなっていったといいます。

「旦那とは大恋愛の末に妊娠して結婚したんです。ですが、あれほど好きで結婚した相手だったのに、当時は私の方がずっと彼よりも稼いでいたのに、彼はまったく家事や育児を手伝わないだけでなく、モラハラで。彼の言動にいつもびくびくしていて、仕事も家事も育児も私一人でやっていた上に、手抜きも一切できませんでした。」

当時を振り返って、圭子さんは本当に大変だったといいます。

「円形はげですよ。それもあちこちに。それでああ、もうこれ以上は無理だと思って彼とは別れました」

ですが、圭子さんから離婚を決意したものの、圭子さん自身もとても傷ついたそうです。大恋愛をした相手が、結果的に大嫌いな相手になってしまったことに自分の見る目のなさを痛感し、男性不信になってしまいました。そんなとき、友達からタカラヅカに誘われたのがタカラヅカの沼にはまるきっかけでした。

1 2

Ranking

Information

Recommended sites