【セカンド女子】超プラトニックラブ!お金を払ってでもセカンドパートナーを欲しがった男性の心理とは……~その1~

【セカンド女子】超プラトニックラブ!お金を払ってでもセカンドパートナーを欲しがった男性の心理とは……~その1~

20~30代の独身女性の彼氏がいない確率が50%を超える今。いつの間にやら少数派になった彼氏持ちの女性の中には、彼氏はいるもののセカンドポジションのまま、いつまでたってもファースト(本命)になれない女性たちがいます。彼女たちが本命になれない原因は何なのでしょうか……。彼女たちの過去の恋愛から、その原因を探っていきます。

☆☆☆

今回お話を伺ったのは、都内のクリニックで受付の仕事をしている浅見唯さん(仮名・39歳)。鎖骨まである茶色の髪に、アイラインにマツエクなどバッチリメイクをしており、派手な印象を受けます。服装は黒のレースが袖口に使用されたタイトなニットに、ベージュの膝丈スカートを合わせていて、豊満な体のラインが強調されています。一見気が強そうな雰囲気を感じる唯さんですが、そんな彼女のセカンド気質はどこにあるのか――。生い立ちや、学生時代の恋愛から話を伺っていきます。

「出身は千葉県で、両親との3人家族です。父は企業に勤めるサラリーマン、母親は家からほど近いパン屋で働いていました。母親はパートではなく、知り合いがやっているパン屋でガッツリ働いている感じだったので、朝はいつもいませんでした。朝ごはんやお弁当は用意しておいてくれるんですが、父親は面倒くさがりで、いつも温めてはくれなくて。朝に食べる冷たいご飯が大嫌いでしたね。今も冷やご飯が苦手なくらい。それに離婚はしていないけど、小さい頃から両親が仲良くしていた時なんか見たことないくらい不仲で。今はどちらも仕事を引退しているのでお互い顔を見合わせる機会が多い分、熟年離婚をしてしまわないかとハラハラしています」

初めて彼氏ができたのはいつですか? 

「高校生の時です。ずっと別で好きな人がいたんですが、好きな人では全く話せなくなるようなタイプだったので友人関係にもなれなくて……。そんな時にたまたま親友に彼氏ができて、その友人と流れて付き合うようになりました。最初は顔もかわいいタイプだったし、その彼を諦めたくてって感じでした。でも、意外とうまくいって、彼とは大学生になってからも付き合いは続きました」

その彼氏との付き合いは大学卒業後まで続いたそう。しかし、就職してすぐに彼は職場の女性のことが好きになり、振られてしまいます。

「大学は別々だったけど、週に2回ほどは会っていたし、アルバイト先を一緒にして、できるだけ顔を合わせるようにしていました。高校の友人カップルは結構別れる人が多かったから、私たちは頑張ろうって言い合っていたんです。

でも、大学時代を乗り越えたのに、社会人になるとあっという間に振られてしまいました。彼が恋したのは9歳上の会社の上司。30歳オーバーの女性に負けたのかと当時は打ちひしがれましたよ……。何年も引きずりましたね。他の男性を一度も知らないまま結婚することになるのかもと、もったいないなぁ〜なんてことを考えるほど、彼との未来は当然だと思っていたから」

元彼の結婚により、合コン出会ったその日にある男性と関係を持ってしまい……

1 2
浮気 時短 占い 結婚 運勢 恋愛運 美人探偵 その1 恋愛講座 アラサー 婚活 アプリ 金運 不倫 浮気事件簿 貧困女子 恋愛 iPhone セカンド アラフォー
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。