【セカンド女子】超プラトニックラブ!お金を払ってでもセカンドパートナーを欲しがった男性の心理とは……~その2~

【セカンド女子】超プラトニックラブ!お金を払ってでもセカンドパートナーを欲しがった男性の心理とは……~その2~

彼氏はいるもののセカンドポジションのまま、いつまでたってもファースト(本命)になれない女性たちに迫る今企画。そのセカンド体質の原因を探ります。~その1〜はコチラ

今回お話を伺ったのは、都内のクリニックで受付の仕事をしている浅見唯さん(仮名・39歳)。鎖骨まである茶色の髪に、アイラインにマツエクなどバッチリメイクをしており、一見、派手な印象を受ける女性です。

出身は千葉県で、両親との3人家族。両親は小さい頃から互いに仕事人間で不仲。初めて付き合った彼氏とは高校、大学と一緒に過ごしますが、社会人になり振られてしまいます。そして元彼の結婚により、気持ちのない男性と関係を持ってしまい、その男性がストーカー化。そのことを親身になって相談に乗ってくれた会社の上司との仲を深めていきますが……。

「あくまでも上司は異性ではなく、いい人って感じです。親族のおじさんみたいな間柄というか。上司のおかげでストーカーも諦めたみたいで、その後は送ってもらうこともなくなり、会社だけの付き合いに戻っていました」

しかし、唯さんは再度トラブルに巻き込まれます。それは上司との不倫。いつのまにか噂が流れ、会社を自ら辞めることになります。

「送ってもらっていた時は、会社から離れた私の最寄駅の1つ手前で待ち合わせしていました。駅であいつに待たれている可能性もあったから。その送り最中の姿を誰かに見られていたんだと思います。不倫の噂って、当人に仲の良い人がいない限りは直接耳に入ってくることはないんですよね。私に社内外に気の許せる友人がいたら、ストーカーの時も上司じゃなく、友人に協力してもらっていましたよ(苦笑)。話を聞いたのはその当事者である上司から。彼はさらに上の立場の人から注意を受けたみたいでした。

私は彼に一度助けてもらっているのに、私のせいで彼の立場が悪くなるのがどうしても嫌だった。私には誰かに否定する場所もなかったから、一番役に立つにはこれしかないと思って、会社を辞めたんです」

再就職が決まらない時、アルバイトでお金が回らなくなった時、気持ちでお金で助けてくれたのは元上司の彼だった……

1 2
婚活 美人探偵 その1 時短 占い セカンド キャリア 浮気 結婚 アラサー 恋愛講座 金運 恋愛 貧困女子 アプリ アラフォー 不倫 運勢 恋愛運 浮気事件簿
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。