【セカンド女子】次こそ本当の恋愛がしたい!バツイチ女性が本能で惹かれた男性はアドレスホッパー~その1~

【セカンド女子】次こそ本当の恋愛がしたい!バツイチ女性が本能で惹かれた男性はアドレスホッパー~その1~

20~30代の独身女性の彼氏がいない確率が50%を超える今。いつの間にやら少数派になった彼氏持ちの女性の中には、彼氏はいるもののセカンドポジションのまま、いつまでたってもファースト(本命)になれない女性たちがいます。彼女たちが本命になれない原因は何なのでしょうか……。彼女たちの過去の恋愛から、その原因を探っていきます。

☆☆☆

今回お話を伺ったのは、都内のデザイン事務所でウェブデザイナーとして働いている窪田藍子さん(仮名・39歳)。肩につかないくらいのボブヘアは毛先が明るい茶髪になっていて、前髪部分にもメッシュが入っています。服装は黒地に大きな花柄のミモレ丈ワンピースに、ベージュのトレンチコートを羽織り、大きなコットンパールのピアスとネックレスに目がいきます。目が大きく、実年齢より若い雰囲気を感じる藍子さんですが、そんな彼女のセカンド気質はどこにあるのか――。生い立ちや、学生時代の恋愛から話を伺っていきます。

「出身は神奈川県で、両親と2歳下に弟のいる4人家族です。父親は家で個人塾をやっていて、小さい頃から私と弟はその塾に強制的に入れられていました。父はとにかく教育熱心で、毎日学校でどうだったかを報告しないといけなくて、それが小さい頃からずっと嫌でしたね。それに、塾の他の生徒が父親の文句をよく言っていたことがあって。それを同じ空間にいながら聞こえていないふりをするのがしんどかった。周りから親が嫌われているのって、子供にとってとても辛いことでしたね」

初めて彼氏ができたのはいつですか?

「中学3年生の時に、別の中学から塾に通ってきていた男の子です。私はまったく意識していなかったんですけど、一度遊びに誘われてからすごく意識してしまって。何度か遊びに行って、手とかはつないだりしました。でも、別々の高校に行くことになって、あっという間に疎遠になりました。当時は携帯なんてなかったから、電話をかけることも一苦労で、お互い面倒臭くなってしまったのかも」

高校ではずっと好きな人がいたそうですが、進展はなかったそう。さらにショックなことがあったと言います。

「どこから、いつ好きになったとかは覚えていないんですが、卒業してもしばらく彼のことを忘れられないくらい好きでしたね。でも高校3年生の時の放課後に、彼が私のクラスメイトの女の子と呼び出して告白している現場を偶然発見してしまって……。一瞬何も聞こえなくなるくらいショックを受けた記憶が残っています。その後2人は付き合って、友人伝いに大学に進学後にすぐ別れたと聞きました。別れた後は喜んでしまったけど、私と付き合うことはなかったんですけどね」

大学時代に知り合った人と26歳で結婚。付き合い7年、同棲4年後の決断だったが……

1 2
セカンド 浮気 貧困女子 アラサー 占い 恋愛講座 その1 美人探偵 恋愛 キャリア 金運 結婚 浮気事件簿 不倫 アプリ 時短 恋愛運 アラフォー 運勢 婚活
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。