マウンティング女子が気になるのは実は○○だから?ストレスなく仕事をするヒント

マウンティング女子が気になるのは実は○○だから?ストレスなく仕事をするヒント

「やたら自分の話を被せてくる」「いきなり話に割り込んでくる」。

空気を読めないのか、あえて読まないのか。程度の差こそあれ、このようなマウンティング女子はどんな職場にもいるでしょう。そして、その年代も幅広いです。その図々しさに圧倒され、イライラを感じつつも、一緒に仕事をしていかないといけない堅実女子も多いのではないでしょうか。

今回は、ストレスをためない、職場のマウンティング女子との付き合い方をご紹介します。

マウンティング女子の生態

もともとマウンティング(mounting)には、サルやゴリラなどの霊長類が他のライバルよりも自分が優位であることを示すために、相手に乗りかかる行為の表現といった意味がありました。

これをもとにすると、マウンティング女子とは、他のライバル女子よりも自分のほうが優れていることを周りにアピールしたい女子といえるでしょう。「私だって!」と自分のほうがすごいと強調してきたり、「ちなみに私は」など話を無理やり自分中心に持ってきたり。

もちろん、その能力や実績が賞賛に値すべきこともありますが、本当に仕事がデキる人はわざわざ自分から必要以上にアピールしなくても、その素晴らしさは多くの人が認めています。

「とにかく負けたくない!」の焦りから、マウンティングをし始めてしまうのです。

1. 私は大丈夫、自分を信じる

まず、どうしてマウンティング女子にイラついてしまうか考えてみましょう。

「あんなにアピールされたら、あの人に仕事を取られてしまう」

「あの人ばかり注目されて、評価されるなんて耐えられない」

そんな気持ちに気づく人もいるかもしれません。自分のスキルや実績に自信が持てない、周りから認められていない気がするからこそ、自分を脅かす存在が気になって仕方ないのです。

周りからの評価など意識を外側に向けるのではなく、自分を信じることから始めましょう。自分は認められていないと思っていても、あなたの頑張りを見てくれている人は案外きちんといるものです。

1 2
美人探偵 キャリア 金運 占い 恋愛講座 その1 不倫 恋愛運 運勢 セカンド 貧困女子 アプリ 浮気 結婚 婚活 アラフォー 時短 恋愛 浮気事件簿 アラサー
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。