【貧困女子】このままでは実家と共倒れ……「真面目ないい子」が親子で婚活に精を出す理由~その1~

【貧困女子】このままでは実家と共倒れ……「真面目ないい子」が親子で婚活に精を出す理由~その1~

女性誌『Suits WOMAN』で注目を集めた「貧困女子」。これは普通の毎日を送っていたはずが、気がつけば“貧困”と言われる状態になってしまった女性たちのエピソードです 。

畑中花乃子さん(仮名・38歳)は、月収手取り10万円で、実家の会社を手伝っています。実家は東京都内にあり、かつては裕福だったけれど、今は倒産寸前だといいます。

「実家に働くようになったのは、短大出たものの、就職氷河期でどこも就職できなかったからです。それで、家の仕事を手伝うことにしたのです。母は喜んでいましたが、父は渋い顔をしていました。思えば、あの時に社会に出ていれば、今みたいに家の地縛霊にならなくて済んだのに……と思います」

「私は家の地縛霊」という言葉は、お話を伺っているときに、何度も登場しました。それを意識したのは、34歳で始めた婚活のとき。

「もともと引っ込み思案だったので、親や親戚が縁談を持ってきてくれたんです。最初に結婚の話が出たのは、21歳の時でした。相手は10歳年上の公立高校の先生で、なんかキモい人だったから断っちゃったんですよね。今、すごく後悔しています」

花乃子さんの実家の仕事は、工業製品の部品加工業。

「昔は仕事もいっぱいあって、うちにもお金がありましたが、今は多くのメーカーさんが海外に工場を移転してしまって、親子3人が食べていくのがやっとという状態なんです。66歳の母のパートの収入や、75歳の父の年金、兄夫婦からの仕送りがなければ、今の生活はできないと思います」

それに気が付いて、花乃子さんは婚活を始めました。それまで、母親は友達と働くのが楽しいから外で仕事をしているのだと思っていたそう。

「女の子なんだから、頑張らなくていいよ」と言われて育つ

1 2
運勢 不倫 恋愛 浮気 時短 占い 婚活 美人探偵 アラサー キャリア 恋愛運 浮気事件簿 アプリ 金運 アラフォー セカンド 貧困女子 結婚 恋愛講座 その1
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。