元アイドルは見た!|彼氏でも旦那でも、本当にその人を好きなのかわからなくなった時にするべき事~その1~

元アイドルは見た!|彼氏でも旦那でも、本当にその人を好きなのかわからなくなった時にするべき事~その1~

こんにちは!元アイドルでコラムニストの小川満鈴です。世の中で人を好きになることを表現する際に使う言葉に「愛」や「恋」等が使われ、そしてその違いが論議されたりもしています。しかし、その定義の答えはおそらく永遠に出ず、突き詰めれば単純にその人、生物に魅力を感じて惹かれているということになります。

恋を勘違いしてしまうという事実

その「惹かれる」際の要素ですが、これももちろん十人十色で、女子生徒が学校や塾の先生に魅力を感じたり、その逆(これは危険……笑)があったり、普通に職場で毎日顔を合わせているうちに、登校中に見かけるあの人に、あの角を曲がったところにあるコンビニの店員さんに……と様々です。

そしてこれは基本的に年齢が若ければ若いほど「勘違い」をしてしまいがちです。

先に挙げた女子生徒が学校の先生に惹かれてしまうというパターンをとって解説していきますが、まだ10代半ばの子は「新しいものが好き」という絶対的な価値観があります。これは男女ともに言えるのですが、最新の流行のファッション、そして食べ物、音楽、おもちゃ、スマホ(携帯)、アイドルと、とにかく「新しい、めずらしいもの」=「正解」という根底があります。これは周囲に同調しておけば仲間外れにならないという心理が奥深くにあるのですが、悪いことでもなんでもなく、人間とはもちろん動物が集団で暮らす上で最も大切なことの一つなんです。

そんな中、家にいるお父さんお兄ちゃん以外のちょっと年上の男性、しかもものを教えてくれるという立場と教わるという立場にあり、尊敬もする存在となると必然的に好意を持ってしまうものなのです。が、それを「本当の恋か?」となると話は別で、憧れが経験のなさによって変化し、世間の同じようなドラマや映画や漫画の知識がごっちゃになり「ヒロイン」をいつの間にか演じ恋だと思い込んでいくパターンがほとんど。もちろんそれが偽物の恋だとは一概には言えませんが、学校の卒業とともに自分でも「あれ?」と思うくらいのスピードでその魔法から解ける場合が多いのを考えるとやはり思春期特有の感情を恋だと勘違いしているケースが多いのでしょう。

1 2
占い 運勢 アプリ 恋愛 セカンド 時短 婚活 その1 貧困女子 恋愛運 アラサー 浮気 恋愛講座 結婚 浮気事件簿 美人探偵 金運 不倫 アラフォー キャリア
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。