令和時代は「牛カツ」が「GYUKATSU」として世界規模の人気になる!?

令和時代は「牛カツ」が「GYUKATSU」として世界規模の人気になる!?

2016年から2017年にかけて、トレンドグルメとして多くのメディアで紹介された「牛カツ」。豚肉ではなく、牛肉のカツです。トレンドと人気になって2年たち、さらなる広がりを見せ、なんと世界規模で食べられています。

そもそも「牛カツ」とは?

SNSなどで話題になったとはいえ、まだまだ豚カツが主流ですよね。オーダーするときのためにも、読み方から確認しておきましょう。牛カツは、ギューカツと読み、海外では、TEMPURAのように、GYUKATSUと表記され、認知されているそうです。2017年の第一次ブームから、牛カツ専門店も増加し、焼き肉店や肉バル、豚カツ店までも、牛カツメニューを扱うようになり、定番メニューへと広がっています。牛肉で作られるカツは、関西など一部の地方で昔から食べられているので、関西出身の筆者としては、「ビフカツでしょ」と思っていましたが、似て非なるものでした。ビフカツがデミグラスソースなどをかけて食べる洋食なのに対し、牛カツは、和食なのです。その食べ方も含めて牛カツと命名されているそうです。

ジューシーに揚げられる牛カツ。

1 2
婚活 iPhone 占い 恋愛運 セカンド アラサー 貧困女子 運勢 時短 不倫 金運 恋愛 浮気 恋愛講座 美人探偵 その1 結婚 アラフォー 浮気事件簿 アプリ
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。