【貧困女子】「私は世界を知っているのに…」30代半ばで無職、留学帰りの難航する就職~その1~

【貧困女子】「私は世界を知っているのに…」30代半ばで無職、留学帰りの難航する就職~その1~

女性誌『Suits WOMAN』で注目を集めた「貧困女子」。これは普通の毎日を送っていたはずが、気がつけば“貧困”と言われる状態になってしまった女性たちのエピソードです 。

千葉日花里さん(仮名・34歳・アルバイト)は、半年前まで同棲していた彼が経営する会社で、PRの仕事をしていました。

美貌の日花里さんは、2年の友人期間を経て、彼と交際。同棲1年が経過し、彼のモラハラが激化。家を出ることになり、さらに仕事を失うというダブルパンチに見舞われています。

「彼は10歳年上で、バツ2です。私が夜の仕事をしているときに知り合いました。出会った2年間はただの飲み友達で、明らかに私のことをバカにしていました。その後、私にアメリカ留学の経験があるとわかると、態度をコロッと変えて、自分の会社に入らないかと言ってきたのです」

日花里さんは茨城県出身。幼いころは母子家庭だったが、7歳の時に母親が裕福な男性と再婚します。

「小さいころから父親と母親がケンカして殴り合うのを見ていたから、大人が全然信用できない。母親の再婚相手も絶対に殴ると思っていた。でも、再婚相手の義父は優しかったですね。こいつなら信用できるかと安心していた矢先、私が13歳の時に、変なことをしてきたんです」

母親がいないときを狙い、日花里さんがお風呂を入っているところを、偶然を装って見に来たり、生理になっていると、そのことについて「女の子の日だね」などと言うようになったとか。

「体を触られるなど、直接的に性的なことは全くされていませんが、とにかくキモい。家にいるのが嫌になり、地元の友達の家に入り浸っていました。中学2~3年のころから、ほとんど家に寄り付かなかったかな。親が仕事に行ったすきに家に行き、夜は友達の家に泊まるという生活。リズムはボロボロですが、私の実の父親が有名国立大学卒業のエンジニアなので、その血を引いたのか、地頭がよかった。そこそこの高校に合格して、途中からアメリカの高校に行きました」

留学費用は母親の再婚相手が支払い、現地の大学を卒業。それから20歳までの3年間を、現地のアート系の専門学校などに行って過ごします。

「日本にいるのが窮屈だったから、このときは私の人生史上最高の時期でした。勉強もやる気出して頑張ったのですが、日本の学校じゃないし、専門学校みたいなところだし、学歴としてカウントされない。日本で転職を繰り返して思いましたが、留学って、よっぽど才能や能力がない限り、協調性がないという評価だけで終わってしまうんですよね」

交際していた彼にくっついて、日本に帰ってきたのは、21歳の時だった

1 2
運勢 浮気 美人探偵 貧困女子 キャリア 結婚 浮気事件簿 金運 その1 恋愛運 アラフォー アプリ 占い 時短 アラサー セカンド 恋愛 恋愛講座 不倫 婚活
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。