【セカンド女子】妻帯者にハマらない秘訣は彼氏を持つこと。20代後半でストッパーを失った女性が向かった不倫の結末は……~その2~

【セカンド女子】妻帯者にハマらない秘訣は彼氏を持つこと。20代後半でストッパーを失った女性が向かった不倫の結末は……~その2~

彼氏はいるもののセカンドポジションのまま、いつまでたってもファースト(本命)になれない女性たちに迫る今企画。そのセカンド体質の原因を探ります。~その1〜はコチラ

今回お話を伺ったのは、千葉県で介護の仕事をしている石橋智子さん(仮名・33歳)。しっかりと引かれたアイラインに赤いリップ、ゴールドの大きなピアスや、黒のハイブランドのバックなど、少し派手な印象を受ける女性です。

出身は千葉県で、母親と4歳下に妹のいる3人家族。社会人になり、彼氏がいるにもかかわらず、飲み会で知り合った既婚男性と不倫関係に発展。お互いに相手がいる2番手同士の恋愛はうまくいっていたとのことですが……。

「彼氏とは週末、そして不倫相手と会うのは平日。うまくバランスが取れていたんです。気持ちが分散されるからどちらにも優しくできるし、同じ立場だからこそ相手への気遣いもできる。周りには不倫で本気になったばかりに傷ついている人がいたので、自分は絶対にああはなりたくないと反面教師もたくさんいたので」

しかし、2股は既婚者からの別れ話であっさりと終了します。そして後を追うように、彼氏との関係も終わってしまいます。

「既婚者から『嫁が疑っている』と連絡が来ました。だからしばらく距離を置こうと。そして、そのまましばらくすると別れようということになり……別れる時も今まで付き合った彼氏と差異はありませんでした。別れ話を先にされたことに関しては少しムカついたけど、そこまでの悲しさはなかったですね。

そして、彼氏ともその2か月後ぐらいに別れました。好きだという気持ちもその頃にはなくなっていて、会うのが面倒になっていったんです。毎週末を彼の家で過ごすなら、友人と飲みに行ったほうが楽しいのになって。別れ話をした時、彼氏もあっさりと了解してくれたので、お互いそこまでの気持ちじゃなかったんでしょうね。でも、彼から最後まで浮気を疑われたりはしませんでしたね」

1つの飲み会で彼氏と不倫相手ができたものの、その三角関係は続かず……

1 2
キャリア 恋愛運 アラフォー 金運 結婚 その1 アラサー 時短 恋愛 美人探偵 占い 浮気事件簿 恋愛講座 不倫 婚活 運勢 貧困女子 アプリ セカンド 浮気
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。