6月病に負けない! イケメンインストラクターに教わる、お悩み解消ヨガポーズ(4)腸を刺激してデトックスできるポーズ

6月病に負けない! イケメンインストラクターに教わる、お悩み解消ヨガポーズ(4)腸を刺激してデトックスできるポーズ

6月も2週目となると、いよいよ梅雨入りなんてエリアも出てきているのでは?曇り空ばかりだと、気分も滅入ってしまいますよね。ジメジメ、鬱々とした気持ちや6月病を追い払いたい!

そこで、そんなときに気持ちをリフレッシュさせ、快適に過ごすためのヨガポーズを全6回に渡ってご紹介します!先生はホットヨガスタジオLAVAのトップインストラクター(※)福井佑希宏さん。「ついつい考え事をしてしまったり、感情に振り回されたり。現代社会の働く女性は、ついつい頑張りすぎてしまう人も多いのでは。そんなときヨガのポーズで自分の身体や呼吸を感じ、ザワザワした思いを穏やかにしましょう」。毎日の生活にヨガを取り入れることで、自分と向き合う時間を作ることも大切ですよ!

腸を刺激してデトックス!ワニのポーズ(ジャタラ・パリヴァルタナーサナ)

ワニのポーズは、ワニが尻尾を左右に動かす動作に似ていることから付けられたようです。身体をねじるポーズなので、内臓にもやさしく刺激を与えられ、腸内環境を整えます。腸の働きを活性化させることができます。便通がよくなると、イライラが減り、心も軽やかになって気持ちが落ち着くんですよ。

1.仰向けに寝転がります。

足は肩幅ぐらいに広げ、手のひらを上に向けます。

2.足を揃えて、ヒザを立てます。

足先とかかとは揃え、ヒザもくっつけます。

3.両手を左右に広げます。

手の平を下にして、肩の高さと平行に。

4.脚を左側の床に倒します。

目線は天井に。脚は床につけないようにして3呼吸。脚を真ん中に戻したら、3に戻して、反対側も同様に。

脚を倒していくときに、脚の重みで肩が床から離れて上半身が浮きがちです。両腕、両肩はしっかり床につけましょう。意識的に身体をねじることで、内臓の働きが活発になるだけではなく、身体の歪みを改善したり、体幹を鍛えたり、腰痛を緩和させる効果もあります。

福井佑希宏さん…ホットヨガスタジオLAVA/ 2019LAVAトップインストラクター。

プロフィール
福井佑希宏さん…ホットヨガスタジオLAVA/ 2019LAVAトップインストラクター。
学生時代から運動が好きで、水泳やテニス、バスケットボールと幅広くスポーツに力を注ぐ。大学は法律を専攻するも、体を動かすことを仕事にしたいと思い、スポーツ関係の就職先を探していたところ、ヨガに出会う。肉体的なことだけにとどまらず、精神的にもさまざまな影響があることに感動し、ヨガに没頭。この感動をひとりでも多くの人に感じて欲しいと、ヨガインストラクターを目指す。“ヨガは生き方を学んでいくもの”という考えのもと、ポーズの練習だけではなく、日常でも“身の回りをきれいにする”ことや“人にやさしくする”など、ヨガの考えを大切にしている。

 

※LAVAインストラクター約2800名の中から選ばれたトップインストラクターのこと。

撮影/小倉雄一郎 取材/大石裕美 協力/ホットヨガスタジオLAVA

セカンド 恋愛講座 婚活 浮気事件簿 その1 不倫 アラフォー 運勢 美人探偵 浮気 恋愛 金運 アラサー 恋愛運 アプリ 貧困女子 時短 結婚 占い キャリア
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。