【貧困女子】「女の敵」体質で13年間で転職15回、35歳女子の孤立無援と貯金ゼロ~その2~

【貧困女子】「女の敵」体質で13年間で転職15回、35歳女子の孤立無援と貯金ゼロ~その2~

数年前までは普通の生活をしていたのに、気が付けば貧困と言われる状況になってしまった女性たち。

水澤玲杏さん(仮名・35歳・契約社員)の転職回数は、15回。東京の中堅私立大学を卒業してから13年なので、1年に1回以上転職をしているうちに、手取り年収が180万円に減り、実家へのパラサイト生活を続けています。

その1はこちら

細くてかわいらしくて、美しい玲杏さんは、「女子の敵」として人生を過ごしてきたと感じているようです。その原因について伺いました。

「敵と言っても、最初の3か月くらいはうまくいくんです。『かわいい~』と言われて、飲み会や買い物に誘われたりもします。ウチは23区内にあるそこそこ大きな家なのですが、そこに友達と集まって女子会をしたことも、しょっちゅうあります。母も私も朝から料理を作ったり、お花やお土産を用意したりして、すごくみんなを楽しませてあげるんです。でも、付き合ううちに、ハブられるようになり、2~3人が友達としていてくれるのですが、一緒にランチしていたり、買い物に行ったりすると、私だけがナンパされる。そういう経験を何度もするうちに、友達が離れて行くんです」

女性の友情を壊すのは、無責任な男性なのでしょうか?

「そうかもしれません。新卒で採用された会社も『女子アナみたいなすごい子が来た』って話題になって、わざわざ私の部署に見に来る人もいますし、営業のエースだった男性からプロポーズもされました。風向きがおかしくなったのは、明らかに私をひいきするような態度を部長が取り始めてから。最初は営業だったのですが、部長がいい取引先を私に回してくれて、同期の誰よりもいい業績を出して、いろいろいじめられました」

どの転職先も似たり寄ったりだったといいます。

「がんばれば『媚びてる』と言われ、裏方に徹しようとすると、サボっていると言われる。何をやっても『顔がいいからでしょ』と言われ、そこそこ結果を出しても、女の子扱いされる。女性の先輩からは、本当に嫌われていました」

とはいえ、仕事は実力。結果を出せば何も文句は言われないはず。

「それは恵まれている人だから言えるセリフです。27歳の時に、父がガンで倒れ、ウチに多額の事業借金があり、自宅が抵当に入っているとわかった時に、仕事を猛烈に頑張ったんです。その時はすでに6社目だったですが、猛烈に仕事をして、前人未到の売り上げを立てたんです。その時に認められるかと思ったら、同僚に『どうせ枕でしょ』と言われたことで、『もういいや』って思ったんです。今まで積もり積もっていたいろいろなことが、爆発しました。それまでも私だけに連絡が来なかったり、大切な書類を隠されたりしていて、けっこう限界だったんですよ」

「俺、実は結婚しているんだよね」と結婚を考えていた彼に言われ……

1 2
浮気事件簿 金運 恋愛 恋愛講座 運勢 アプリ 結婚 浮気 時短 美人探偵 恋愛運 婚活 その1 セカンド 占い 不倫 貧困女子 アラサー アラフォー キャリア
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。