【恋愛講座】恋愛対象としてはちょっと無理……!タイプじゃない男性からのアプローチに対する、正しいお断りの仕方

【恋愛講座】恋愛対象としてはちょっと無理……!タイプじゃない男性からのアプローチに対する、正しいお断りの仕方

タイプの人なら嬉しいものの、タイプじゃない人にアプローチされるとどう断ればいいか悩むもの。とくに相手が職場の人、仲間や男友達だと断った後に気まずくなるのは辛いですよね。

とくに今後も付き合いがある人からのアプローチであれば、人間関係を悪くしないためにも角が立たないよう上手に断ることが大切です。そこで今回の記事では、タイプじゃない男性からアプローチされた時の正しい断り方についてご紹介します。タイプじゃない男性から言い寄られることが多い女性は、要チェックです。

(1)「他に好きな人がいるの」と伝える

上司や先輩、同僚など断りづらい関係の男性には「ありがとうございます。お気持ちは大変うれしいのですが、今は好きな人が他にいます。お誘いに答えられずごめんなさい」と、他の人の存在をにおわせた上で丁重にお断りしましょう。もちろん、好きな人や彼氏が実際にいなくても大丈夫です。

ただ、そこでさらに男性が「どんな人なの?」と尋ねてくる、または執拗にあれこれ聞いてくるのであれば、かなり粘着質の高い男性である可能性があるので注意が必要です。そもそも、通常の男性であればあなたが他の人の存在をにおわせた時点で諦めるもの。

もし、男性が引き下がってくれないからといって、必ずしもあなたが正直に好きな人の存在を伝える必要はありません。仮に本当に好きな人について話そうものなら、嫌がらせをされる可能性もあります。そんな時は、「ちょっと今は言えない事情があって……」と言葉を濁すか、「おそらく、○○さんに説明しても知らない人です」などと言い訳して逃れましょう。

(2)「あくまで○○さんとは友達でやっていきたい」と伝える

同僚や仲間、男友達の場合など、今後も友人として関係を続けていきたい相手であれば、告白やお誘いに対する感謝の気持ちを伝えた上で「友達でやっていきたい」という意志を伝えましょう。

たとえば「ありがとう。気持ちは大変うれしいの。でも、○○くんとはあくまで友人としてやっていきたいの。ごめんなさい」など。伝える時は、「友達でやっていきたい」に加えて御礼や謝罪の言葉も添えておくと、断り文句がやんわりするため相手の傷も浅くなります。

また、断った後は「これからもお友達としてやっていきましょう」や「これからも変わらず仲良くして下さい」と、前向きな気持ちを伝えましょう。

1 2
占い 恋愛 恋愛運 結婚 アラフォー iPhone 貧困女子 アラサー 恋愛講座 婚活 浮気事件簿 時短 アプリ その1 美人探偵 不倫 運勢 セカンド 浮気 金運
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。