【沼にはまる女たち】10年間で6回転職。活躍できる場を探し国内・海外を模索した末、転職沼から自立の道へ〜その2〜

【沼にはまる女たち】10年間で6回転職。活躍できる場を探し国内・海外を模索した末、転職沼から自立の道へ〜その2〜

どこにでもいる女性でも気が付くと、その世界の『沼』にハマってしまうケースを紹介する本シリーズ。ハナさん(34歳・仮名)は、学歴や価値観といった自分のプライドにしっくりくる仕事に就けず、短期間での転職を繰り返します。やっとで軌道修正できたと信じた大手企業のグループ会社を退職したハナさんが、次の転職先として選んだのは……?〜その1〜はコチラ

裁量権があるベンチャー企業に!

「大組織だとただの歯車になってしまう。もっと裁量権を持って仕事をしたい!

少人数の企業ならきっと私が活躍できる場所があるはずと思い、ベンチャー企業に絞って転職活動をしました。業種や企業規模にこだわらなければ、20代半ばだと未経験でも挑戦できる仕事って結構あるんですよね。前回の転職活動時と違い、3年間同じ企業に勤めたという実績があったので、比較的スムーズに進められました」

いくつか受けた企業のうち、一番早く内定をもらったベンチャー企業に入社を決めたハナさん。未経験でもいろんなことに挑戦できる社風に満足しつつも、ここでもまたある違和感を覚え始めます。

「メリットでもありデメリットでもあるのですが、少人数の会社は社長との距離が近いんです。つまり、社長との関係がうまくいかなくなれば、会社に居づらくなるんですよね。

そこの社長が異常に学歴を気にする人で。『何でその学歴でうちなんかに入社したの?』『僕の弟も君と同じ大学出身なんだけど、社会人になってからはパッとしなくてさ』など、執拗に突っ込まれる機会が多かったんです。あと、何かミスをすると、『○○大学出たのに、こんなミスをするなんて。やっぱ学歴じゃないんだよな』と全体朝礼とかで言われてました。

何だかんだいって、私は自分にコンプレックスを抱いているので、『確かにそうなのかも』と思っていたんです。でも事あるごとに難癖をつけられると、さすがにうんざりしてくるんですよ。しかも、あの小さな組織では、社長に気に入られない限り活躍できる可能性もありませんでした」

度重なるハラスメント的発言に加え、毎日終電帰りでも残業代が一銭も支給されない状況に疑問を覚え始めたハナさん。同僚が次々とボイコット的に退職し始めたのに紛れて、退職しました。ちなみに、その企業での勤務期間は1年間。

1 2
不倫 その1 金運 運勢 キャリア 恋愛講座 アラフォー 美人探偵 恋愛 浮気 貧困女子 アラサー セカンド 結婚 時短 占い 婚活 恋愛運 浮気事件簿 アプリ
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。