【敏腕ブランドプロデューサー柴田さんが伝授!】目標や好きなことが見つからない……そんな人がまずやるべき思考ステップ

【敏腕ブランドプロデューサー柴田さんが伝授!】目標や好きなことが見つからない……そんな人がまずやるべき思考ステップ

もっとうまくやっていきたい、自分の人生をより良いものにしたい……そう思いつつも、なかなか行動できない働く堅実女子の皆さんに、ちょっとしたヒントをご紹介する本連載。堅実女子のお悩みに回答していただくのは、ブランディングプロデューサーとしてコーポレートブランディングや店舗プロデュース・商品開発など多岐に渡るコンサルティング業務を請け負う柴田陽子さん。働く女性が抱える悩みを、柴田さんが独自目線でステキに解決していきます! 

☆☆☆

第1回目のお悩みはコチラ。

「私は目標が持てません。“10年後、どんな風になっていたいかをイメージして”という言葉を聞いても、何も思い浮かばないんです。自分の好きなことや、やりたいコトも見つけようと思っても、なかなか見つからず……。目標を上手に立てたり、好きなことを見つけたりするにはどうしたらいいのでしょうか?」(彩芽さん・メーカー勤務・30歳)

早速、柴田陽子さんに伺ってみましょう。

■キャリアの目標の立て方は「私はいくら欲しい人なのか?」から考える

キャリアにおける目標が見つからないという方は、まず

「私はいくら欲しい人なのか?」

から考えてみるのはいかがでしょうか。

私自身も目標が持てず悩んでいた時期があったのですが、あるときふと思いついたのが、この問い。仕事はお金に直結すること。じゃあ、いくら稼げる人になればいいのか? 当時の私は31歳で年収300万程度のOLでしたが、もちろんその場で具体的にいくら!といきなり思いついたのではなく、次のステップとしては、

「どんなお金の使い方をしたいのか?」

を考えました。難しく考える必要はありません。私が当時考えたことといえば、

・お給料日から1週間以内じゃないとお寿司が食べられない人になるのは嫌。いつでもお寿司を食べれる人

・街を歩いていて50万の時計は買えなくてもいいけれど、5万円の素敵な靴と出合ったらその場で買える人

・ランチは900〜1400円くらいのものを気にせず食べたい……etc.

という、誰でもすぐに考えられるものたち。これをたくさん挙げた上で、

「こんなお金の使い方ができている人は誰か?」

をイメージ。周囲の先輩や、自分が当時勤めていた会社の中だったらどのポジションにいる人か?を考えて、最終的に「800万円」というのが、当時の私の目標設定となりました。

「いくら稼ぎたいのか?」という目標が立てられれば、「じゃあ、どうやって稼ぐのか?」「自分の得意分野は何か?」「自分の好きなことは何か?」と、その先の展開へと進み、さらに具体的な目標設定と繋げていくことができます。

「自分の目標を設定することが大事です」と語る柴田陽子さん。

1 2
アラフォー 浮気 結婚 時短 アラサー 不倫 運勢 美人探偵 金運 キャリア 恋愛講座 占い セカンド 恋愛 貧困女子 恋愛運 浮気事件簿 その1 アプリ 婚活
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。