堅実女子ニュース&まとめ 映画『ホットギミック ガールミーツボーイ』に出演した間宮祥太朗が、心から楽しい!と思えるものに出合えた理由とは?~その2~

映画『ホットギミック ガールミーツボーイ』に出演した間宮祥太朗さんに、心から楽しい!と思えることに出合う方法を聞きました。映画と好きな女性のタイプについての前編はコチラ

『ホットギミック ガールミーツボーイ』 ©相原実貴・小学館/2019「ホットギミック」製作委員会

『ホットギミック ガールミーツボーイ』
(配給:東映)●監督・脚本:山戸結希 ●出演:堀未央奈 清水尋也 板垣瑞生/間宮祥太朗 桜田ひより 上村海成 吉川愛 志磨遼平 黒沢あすか 高橋和也 反町隆史 吉岡里帆 
●6月28日より全国ロードショー

(あらすじ)
女子高生の成田初(堀未央奈)は両親とやさしい兄の凌(間宮祥太朗)、恋愛に積極的な妹の茜(桜田ひより)と暮らす。ある日、同じマンションに住む橘亮輝(清水尋也)に弱みを握られ、無茶な命令に振り回されることに。そこへ数年前に突然引っ越し、いまは人気モデルとして活躍する幼なじみの小田切梓(板垣瑞生)が戻ってくる。さらに兄の凌には、初の知らない秘密があった。

間宮祥太朗(まみや しょうたろう)…1993年生まれ、神奈川県出身。2008年俳優デビュー。7月から連ドラ『べしゃり暮らし』に出演。

■俳優としてのイメージを自分から提示するのは難しい

『ライチ☆光クラブ』『ニーチェ先生』『帝一の國』等、個性的な役柄が印象的でしたが、今回の成田凌はごく普通の男の子ですよね。『半分、青い。』(NHK)の涼ちゃんもそうでしたが、そうした経験がこの役を演じる上で影響することはありますか?

「関係あるとは思うんですけど、出演作がどういう順番になるのか、僕自身が意図したり意識したわけではないので……。『半分、青い。』を経てそうした役柄が増えるというのは事実としてあるかもしれませんが、その舵取りを自分ではまったくしません。シンプルな話、こういう役柄も出来るんだ!と思っていただいたからオファーをもらえた、そういうことかなと。自分から俳優としてのイメージというのを提示していくのはなかなか難しいものです。だからこそ、新しいものを提示していただけるのは本当にありがたい」

自己プロデュースに興味はないのですか?

「まあそうですね。ある程度は事務所と相談するようになることもあるかもしれませんが、あくまでも相談で。自分でこう見せたいということになると、僕の場合は多少なりともナルシズムが入る気がして。それは格好つけたい!というだけじゃなく、“こう見せたい”“こうありたい”と考える、そのすべての主語が“自分は”になるのがちょっと……。役者に限らず自己プロデュースをきちんとしている人でも、あなたの魅力はそこじゃないのに!ということもありますよね。本人の想いと回りからの評価が、必ずしも一致するとは限らない。だからこそ“こういう役柄をやったらどう?”とオファーしていただいた役柄によって、俳優としてのイメージが新しくなっていけばいいなと。自分の想いが入ってもいいとは思いますけど」

「イメージにない役柄を振っていただけるのはありがたい」。

1 2