堅実女子ニュース&まとめ 同窓会で気になるのは異性よりも同性の友人!ひそかに“おばさん化”のマウンティング合戦に!

堅実女子の皆さんは同窓会に参加したことがありますか?卒業から久々に会う同級生の姿は懐かしいもの。その年月が長ければそれだけ年齢を重ねたことになり、好むと好まざるとに関わらずお互いの変化を実感すると思います。そんな時、あなたが一番気になるのは同性の友だちでしょうか?それとも異性?

40歳以降になると、異性よりも同性の友人が圧倒的に気になる

株式会社アチーブでは全国40代~60代の女性を対象に、同窓会での気になる点に関するアンケートを実施。40代以降といえば大学卒業でも20年近く、小中学生30年近くが経過しています。そんな彼女たちが一番同窓会で会えてうれしいのは誰でしょうか?同調査では「同窓会への参加経験」とともにアンケート調査を行っています。

学生時代に地味目な子が現在すごい美魔女になっていたり、逆に当時スクールカースト上位の子が地味になっていたりというのも、同窓会あるある?

まず40代以降の女性で同窓会への参加経験が「ある」人は57.7%。半数以上が経験していることが判明しました。そして同窓会で会えて一番うれしいのは圧倒的に「同性の友人」(78.3%)。一方「異性の友人」と答えた人はわずか9.1%となっています。40代以降になると若い頃とは違い、「同窓会は出会いの場」という年齢でもない人が大半。それよりも懐かしい女友達のほうが圧倒的にうれしいようです。またここ20年で全国の女子中高の数は半減しているといわれていますが、女子中高の同窓会なので異性の友だちがそもそもいないという人も多いかもしれません。

1 2