新種の青春映画から緻密な映像世界に圧倒されるアニメーション、超絶エンタメ作まで――6月7日公開の激推し映画3本!

新種の青春映画から緻密な映像世界に圧倒されるアニメーション、超絶エンタメ作まで――6月7日公開の激推し映画3本!

6月です!梅雨は目の前、雨の日に行くところがないよ~。そんなときは映画館へGO!めっちゃ粒ぞろい、ナイスな映画が立て続けに公開されます。『町田くんの世界』『海獣の子供』『アラジン』――タイトルを挙げるだけで燃えてくるぜ!きっとアナタの心をぎゅっとつかむ1本に出合えるはず。

『町田くんの世界』

『町田くんの世界』
(配給:ワーナー・ブラザース映画)●原作:安藤ゆき(集英社マーガレットコミックス刊) ●監督:石井裕也 ●脚本:片岡翔 石井裕也 ●出演:細田佳央太 関水渚 岩田剛典 高畑充希 前田敦子 太賀 池松壮亮 戸田恵梨香 佐藤浩市 北村有起哉 松嶋菜々子 ほか ●6月7日より全国公開 
©安藤ゆき/集英社 ©2019 映画『町田くんの世界』製作委員会

ケタ外れの豪華キャスト、そのすべてがハマリ役。こんな青春映画は観たことない!――『町田くんの世界』

なぬっ、新作が完成した?それは観ないと!――『舟を編む』『ぼくたちの家族』『バンクーバーの朝日』『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』等の映画(『おかしの家』の連ドラも!)を放ち、石井裕也は邦画好きが次なる一手を本気で心待ちにする数少ない映画監督。その最新作が『町田くんの世界』。まさかの少女漫画原作モノだが、これまたどうして、石井裕也ワールド全開な青春映画なのです。

主人公は地味なメガネ男子ながら特に勉強が得意ではなく、運動神経もないに等しく、なにをやっても要領の悪い町田一(はじめ)。でも困っている人を見過ごせず、底抜けに親切で、全人類を自分の家族だと思っているというイマドキ珍しい高校生です。そんな町田くんが一見ちょっと心を閉ざした猪原さんと出会います。かつて味わったことのない感情が芽生える町田くん。「人を好きになるってなに?」――町田くんが走り出す!

町田くん役の細田佳央太と猪原さん役の関水渚は、オーディションで選ばれた超新人。だからもちろん演技が上手い!わけではないのだが、まっすぐで必死で、全力でもがくようでもあって二人とも役柄にぴったりです。なかでも細田佳央太が素晴らしい。「50m走12秒台」という、どうしたら懸命になりながらもそんなに遅く走れる?という走り方を完全に自分のものにしています。それでいて池松壮亮ら、いまをトキめく人気者にして本物の実力者を相手に、堂々とがっぷり四つに組んだお芝居を見せたりもして、俳優としての可能性の大きさを感じさせるのです。

池松だけではありません。この映画に名を連ねる俳優陣を見てみて!これだけのメンツがまずは石井裕也監督との仕事に興味を示し、そして原作モノではあるけれど、このあまりにオリジナルな味わいの脚本に惹かれて出演を決めたわけです。例えば岩田剛典は30歳にして堂々と高校生役をやったりしてますが、それぞれが演じるキャラクターに面白味を持たせるお芝居をしていて、すみずみまで見応えがあってツボをついています。個人的には前田敦子に1票。町田くんに「人が好き?」と聞かれ、「なんだその質問?」と真顔でクールに応える姿にしびれました。

町田くんの細谷くん(左)と、町田くんと出会う週刊誌記者を演じる池松くん(右)。

1 2 3
金運 アプリ セカンド 時短 婚活 アラフォー その1 浮気 恋愛講座 不倫 恋愛 美人探偵 アラサー キャリア 浮気事件簿 占い 貧困女子 恋愛運 運勢 結婚
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。