【セカンド女子】飲み会でのあだ名は『社長の愛人』。金銭面と精神面を救ってくれた50代彼氏との純愛(!?)関係~その2~

【セカンド女子】飲み会でのあだ名は『社長の愛人』。金銭面と精神面を救ってくれた50代彼氏との純愛(!?)関係~その2~

そんな生活を抜け出すきっかけになったのは、新しい出会い。バーで出会った男性の職場で働き始めたそうです。

「バーで出会った男性は、23歳上の経営者の男性で、飲食店やマンションを何棟か持っている人でした。酔っ払っていたこともあり、仕事のことを相談したら、『僕の会社で働かないか』って誘われて。1年もブランクがあったし、再就職が見つからなくて心が折れそうになっていたので、飛びつきました。最初は冗談半分といった感じだったんですが、その場で連絡先を交換して、あれよあれよといううちに再就職が決まった感じです」

しかし、その男性は最初こそ紳士だったそうですが、徐々に本性を表していきます。

「最初は冗談っぽく、『僕は奥さんと別居状態で子供も成人しています。たまに遊ぶような女の人を探しているんですけど、君はどう?』みたいに顔を合わせる度に言われるようになって。しかも事務所で働いているのは3人ほどなんですが、みんなが何もない関係の時から私のことを表向きにも『社長の愛人』と呼ぶようになっていきました……。嫌がらせをされるわけでもないし、みんな優しいんですけど、あだ名がそれで、周りも社長が来た時は2人になるように気を使っている雰囲気さえ感じました。そんな中で感覚が麻痺していったのかもしれません。公認で付き合うようなものなのかもって」

彼とのその後はというと……。

「あだ名通りになりました。今は彼が定期的にしている飲み会にも参加して、その中でも愛人キャラで通ってしまっている感じです。でも、彼は私のことを常に側に置いてくれて、他で浮気している雰囲気も感じません。その飲み会は知り合いの男性と女性をくっつけようという目的で行なっているものだし、その飲み会でもあだ名は『社長の愛人』ですから。彼の周りにいるとりまきはイエスマンばかり。だから公言していても、バレることはないと思います。そんな地位の高い彼のことも、今はかっこいいと思ってしまっています」

「普段はカジュアルな服が好きだけど、彼と一緒にいる時は大人っぽい恰好をするようになって、服の趣味も変わりました。でも、彼はケバい女性を嫌がるんで、化粧とヘアスタイルは地味になりましたね」と友里さんは語ります。

1 2
時短 占い 婚活 恋愛運 浮気事件簿 アラフォー 浮気 アラサー その1 セカンド 結婚 不倫 恋愛講座 金運 美人探偵 貧困女子 アプリ キャリア 恋愛 運勢
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。