平成の新・三種の神器はスマホ、薄型テレビ、ロボット掃除機!それぞれ長く使うコツとは?

平成の新・三種の神器はスマホ、薄型テレビ、ロボット掃除機!それぞれ長く使うコツとは?

令和の時代がはじまり、ますます遠くなる昭和の時代。かつて昭和の時代には戦後日本で豊かさの象徴とされた、“三種の神器”とよばれる家電がありました。それは白黒テレビ・洗濯機・冷蔵庫という、今では当たり前どころか白黒テレビに至ってはもはや存在すらしていないものですが、そういえば平成時代の三種の神器と呼ばれるものはあったのでしょうか?

平成はパソコンよりも携帯電話が時代の象徴に

テックマークジャパン株式会社では平成を生きた男女400名を対象に、平成を象徴する新しい三種の神器についてのアンケートを行なっています。平成時代もさまざまな電化製品が発売されましたが、一体どれが三種の神器にふさわしいのでしょうか?結果は以下の通りとなりました。

ほか健闘したのは「全自動洗濯乾燥機」と「AI搭載スマートスピーカー」。AI搭載スマートスピーカーは令和時代にブレイクの予感がします。

選んだ人が一番多かったのは「携帯電話(スマートフォンを含む)」(49.8%)。確かに今やスマホを含む携帯電話は、国民の必需品。これにより街中から公衆電話が消えただけではなく、カメラ搭載によりどこでも撮影ができたりなど、日本の風景やライフスタイルも変わりました。さらに注目したいのは、「PC・ノートパソコン」が三種の神器に惜しくも入らず、携帯電話に大きな差をつけられたこと。平成7年に世界で発売された「ウインドウズ95」はまさに革命ともいうべき大きな出来事でしたが、そこから約20年の間にすっかり存在感が携帯電話に奪われてしまったようです。

また、携帯電話に続くのは「薄型テレビ」(45.0%)と「ロボット掃除機」(37.3%)。薄型テレビは2011年(平成23年)のアナログ放送終了により、普及率が急激に増加。当初は高級品でしたが、今ではだいぶリーズナブルになりました。そしてロボット掃除機ですが、こちらは携帯電話や薄型テレビとは違い普及率はまだそれほど多くはないはずです。それでも支持されたのは、“ロボット”という近未来な言葉が家電で実用化できたことに対する驚きと革命によるものでしょうか?

普及率はそれほどまだ高くないけれど、一度使うとその便利さに感動!手放せなくなります。

1 2
美人探偵 恋愛 時短 婚活 セカンド 不倫 浮気 貧困女子 占い アプリ キャリア 恋愛講座 結婚 浮気事件簿 アラサー 恋愛運 その1 運勢 金運 アラフォー
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。