日焼けや毛穴の開き、脇汗……夏の悩みはどうすれば?美人皮膚科医のアドバイス〜Vol.3〜

日焼けや毛穴の開き、脇汗……夏の悩みはどうすれば?美人皮膚科医のアドバイス〜Vol.3〜

巷で話題になっている美容情報の中には、効果が期待できないどころか、老化を加速させるものも含まれているって知っていますか?皮膚科専門医で銀座ケイスキンクリニック院長の慶田朋子先生は、著書『女医が教える、やってはいけない美容法33』の中で、皮膚科専門医の視点で私たちの勘違いをズバッと斬っています。

そんな慶田先生に、前回は紫外線の恐ろしさや日焼け止めの使い方について伺いました。今回は、日焼け止めを塗る以外にしたい紫外線対策、そして夏に多い悩みに対するアドバイスです。

口コミや噂に惑わされないで!美人皮膚科医が警鐘を鳴らす「やってはいけない美容法」〜Vol.1〜はコチラ

美人皮膚科医が警鐘を鳴らす!想像以上に深刻……うっかり日焼けがずっと消えない後悔に!?〜Vol.2〜はコチラ

慶田朋子先生…銀座ケイスキンクリニック院長。医学博士。日本皮膚科学会認定皮膚科専門医、日本レーザー医学会認定レーザー専門医。銀座ケイスキンクリニック院長。最新の照射機器と注入治療を組み合わせ、メスを使わずマイナス7歳を叶える美容皮膚科医。2019年6月に『女医が教える、やってはいけない美容法33』(小学館)発売。美人で気さくで、頼れる先生。

日焼け止めだけじゃダメ!帽子や日傘も忘れずに!

ーー肌だけじゃなく、髪も紫外線対策は必要なのでしょうか?

慶田先生:「もちろん必要です。日差しの強い国から帰国された方の髪の色が明るくなってしまっているのを見たことがありませんか?紫外線は髪にもダメージを与えるのですね。

帽子を被ったり、日傘をさしたりして、髪も紫外線から守りましょう。髪専用の日焼け止めスプレーを使うのもおすすめです」

サプリや食べ物で内側からも対策

ーー日焼け止めのサプリを飲んでいる堅実女子もいるのですが、効果は期待できますか?

慶田先生:「もちろん。日焼けで肌が赤くなってしまうような人は、サプリを飲んでおくとヒリヒリしないと実感できるでしょう。また、紫外線から目も守ってくれます。

でも、過信は厳禁。サプリを飲むだけでなく、日焼け止めをはじめとした他の対策をした上で飲むことが大切です。代表的な飲む日焼け止め『ヘリオケア®』などに含まれるファーンブロック®という成分の場合、だいたい4時間半ぐらい効果は持続します。ゴルフなど長時間外にいるときは、定期的に飲み直すことがポイントです。

サプリを選ぶときは、臨床試験を行なえる研究所を持っている、きちんとした会社から出ているものを選びましょう」

ーー外側からだけでなく、内側からの対策も大事なのですね。食べ物で気をつけることはありますか?

慶田先生:「抗酸化力を高める食材を積極的に食べること。例えば、鮭のアスタキサンチン、トマトやスイカのリコピン、ブロッコリーやパプリカのβカロテン、ブルーベリーのアントシアニンなどがあります。

他に、高カカオポリフェノールはMED(最小紅斑量:赤みを起こすのに必要な最小紫外線照射量)を2倍延長することがわかっています。

特定の食材だけをとるのではなく、いくつもの食品を組み合わせることで、チームでディフェンス力を高めることができるのです」

アウトドアシーズンでもある夏、しっかり紫外線をディフェンスしましょう。

1 2
美人探偵 浮気事件簿 占い 婚活 貧困女子 恋愛 恋愛講座 金運 キャリア アプリ 恋愛運 その1 結婚 アラサー アラフォー セカンド 運勢 時短 浮気 不倫
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。