高い化粧品やサプリ、美顔器があれば安心?美人皮膚科医がズバリお答え~Vol.4~

高い化粧品やサプリ、美顔器があれば安心?美人皮膚科医がズバリお答え~Vol.4~

巷で話題になっている美容情報の中には、効果が期待できないどころか、老化を加速させるものも含まれているって知っていますか?皮膚科専門医で銀座ケイスキンクリニック院長の慶田朋子先生は、著書『女医が教える、やってはいけない美容法33』の中で、皮膚科専門医の視点で私たちの勘違いをズバッと斬っています。

口コミや噂に惑わされないで!美人皮膚科医が警鐘を鳴らす「やってはいけない美容法」〜Vol.1〜はコチラ

美人皮膚科医が警鐘を鳴らす!想像以上に深刻……うっかり日焼けがずっと消えない後悔に!?〜Vol.2〜はコチラ

日焼けや毛穴の開き、脇汗……夏の悩みはどうすれば?美人皮膚科医のアドバイス〜Vol.3〜はコチラ

堅実女子のみなさんの中には、「いろんな美容法を試しているけれど、結局どれが良いのかわからない……」という人も多いのでは?

そんな悩める堅実女子のために、慶田先生にアドバイスを伺いました。

慶田朋子先生…銀座ケイスキンクリニック院長。医学博士。日本皮膚科学会認定皮膚科専門医、日本レーザー医学会認定レーザー専門医。銀座ケイスキンクリニック院長。最新の照射機器と注入治療を組み合わせ、メスを使わずマイナス7歳を叶える美容皮膚科医。2019年6月に『女医が教える、やってはいけない美容法33』(小学館)発売。美人で気さくで、頼れる先生。

化粧品に必要なのはシンプルな機能

ーーいろいろな化粧品があって、どれを選べば良いか迷ってしまうことが多いです。やはり、高い化粧品の方が、高い効果が期待できるのでしょうか?

慶田先生:「価格の高い化粧品は、それなりに良いものを使って作られているので、テクスチャーや香りなどが上質です。また、良いものを使っているんだという気持ちは、それだけで使う人の気分を上げてくれますよね。高価なものの方が、化粧品としてのスペックは高いと思います。

でも、それはあくまで化粧品の中で比較した場合の話。タルミには効かないなど、化粧品で叶うことは残念ながら限られているのです。

そう考えると、化粧品に無尽蔵にお金をかければ良いということではないと思います」

ーーでは、価格以外で化粧品を選ぶときにチェックすべきポイントはありますか?

慶田先生:「スキンケアの基本は優しく洗って、きちんと潤し、紫外線やブルーライトなど太陽光をカットすること。この『洗浄・保湿・光対策』の3つをきちんとカバーしていることが大切です。あとは、かぶれないなど自分の肌に合っていること。化粧品でできることの限界を考えれば、『アゲル』『押し出す』といった他の機能に大枚をはたく必要はないかなと美容に携わる医師としては思います」

プチプラスキンケアなら、大手メーカーのものがおすすめ

ーー金銭的に余裕がない場合、プチプラ化粧品でも大丈夫でしょうか……?

慶田先生:「プチプラなら、大手メーカーさんのものがおすすめです。豊富な実績としっかりした研究所を持っている大手メーカーさんは、やはり底力があります。プチプラでも良いものが揃っているなという印象です」

ーープチプラでも良いものがあるなんて、ちょっと安心しました(笑)!

1 2
婚活 美人探偵 セカンド 恋愛 浮気事件簿 運勢 アプリ 恋愛運 結婚 その1 アラサー アラフォー 恋愛講座 占い 浮気 時短 貧困女子 不倫 金運 キャリア
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。