美人皮膚科医もオススメ!キレイな人の美容習慣は意外にシンプルだった!〜Vol.5〜

美人皮膚科医もオススメ!キレイな人の美容習慣は意外にシンプルだった!〜Vol.5〜

巷で話題になっている美容情報の中には、効果が期待できないどころか、老化を加速させるものも含まれているって知っていますか?皮膚科専門医で銀座ケイスキンクリニック院長の慶田朋子先生は、著書『女医が教える、やってはいけない美容法33』の中で、皮膚科専門医の視点で私たちの勘違いをズバッと斬っています。

「いつまでも若々しく、キレイでいたい」そう願う堅実女子のために、慶田先生に美のアドバイスを伺いました。

前回の記事:高い化粧品やサプリ、美顔器があれば安心?美人皮膚科医がズバリお答え~Vol.4~はコチラ

慶田朋子先生…銀座ケイスキンクリニック院長。医学博士。日本皮膚科学会認定皮膚科専門医、日本レーザー医学会認定レーザー専門医。銀座ケイスキンクリニック院長。最新の照射機器と注入治療を組み合わせ、メスを使わずマイナス7歳を叶える美容皮膚科医。2019年6月に『女医が教える、やってはいけない美容法33』(小学館)発売。美人で気さくで、頼れる先生。

エイジングケアを始めるのは、早ければ早い方がいい

ーーエイジングケアって、いつから始めるのが理想なのでしょうか。あまりに若いうちから手を掛けすぎると、肌を甘やかすことになって良くないという話も聞きます……。

慶田先生:「美容医療の領域では、エイジングケアを始めるのは早ければ早いほど良いとされています。例えば、コラーゲン密度やヒアルロン酸量は20歳を機に減少していくといわれていますしね。

難を『消す』だけでなく『予防する』ことも美容医療で期待できることなのです。老化という坂道の角度を緩やかにするといえば分かりやすいでしょうか。

正しいケアをすると年齢を重ねても良い状態の肌質をキープできます。20代、30代と年齢が若いほど、早く効果を実感できるでしょう。

例えば、美容医療初心者の方におすすめのケミカルピーリングやフォトフェイシャルなどの施術を定期的に受けている方は、肌質が変わり、老けにくくなることも分かっています」

美容医療初心者でも気軽にチャレンジしやすいフォトフェイシャルM22照射。

1 2
キャリア 不倫 美人探偵 結婚 浮気事件簿 アラサー 時短 浮気 運勢 アプリ 恋愛 恋愛講座 貧困女子 金運 占い 恋愛運 セカンド アラフォー 婚活 その1
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。