【貧困女子】ダメ男との腐れ縁で結婚、離婚を繰り返し……今度こそ戻らない!「令和」の決別~その2~

【貧困女子】ダメ男との腐れ縁で結婚、離婚を繰り返し……今度こそ戻らない!「令和」の決別~その2~

彼に愛された記憶が美化されたタイミングで、彼に再会。離婚から2年半の歳月が経っていました。

「彼は親から叱られて反省したみたいで、ギャンブルはやめていました。実家を出て、一人暮らしを始めており、別人のようにしっかりしていた。だから、名刺交換して、『お互いに大人として付き合いましょう』みたいな雰囲気で別れたんです」

その再会から半年、彼から連絡がないことに、ホッとするとともに一抹の寂しさを感じたそうです。

「自分も婚活を頑張ろうと思っても、全然うまくいかない。どうしても彼と比べてしまうんですよね。あの時は占いにハマって、彼との相性や復縁の可能性ばかり観てもらっていました。その願いが通じたのか、会社のメールに彼から連絡がありました。私の30歳の誕生日です。待ち合わせにバラの花束を持って来てくれて、欲しかった時計をプレゼントしてくれたんです。そんなことのすべてがうれしくて、元サヤに……」

今度は彼の家に彩子さんが住み、再び同棲を始めることに。

「友達はあきれていましたし、親には黙っていました。最初は彼も家事をしていたのですが、私が先回りしてやってしまうので、半年も経たずに、私がすべてやることに。それが心地よかったんです」

今回は家賃と光熱費は彼が、その他は彩子さんが払うという役割分担ができたそう。そして、同棲3年目に2回目の入籍。

「彼からプロポーズされて、『彩子ちゃんしかいない。愛している』とか言われて、再び入籍。この時に山形の両親にあいさつに言ったら、父から絶縁を言い渡されました。あんなに怒った父を見たのは初めてです。母は泣いていました。それでも私は彼がよかったんです。2回目の結婚生活で幸せだったのは3年間くらい。私が家事との両立が難しく、仕事を辞めてから、再び彼はギャンブルにハマりました。子供でも生まれれば変わると思い、子供を作ろうとしたら、『彩子ちゃんがママになったら、僕の世話は誰が焼いてくれるのかな?』と言われ、この人は変わらないと思ったんです。そうこうするうちに、彼の借金が膨れ上がって、別居を開始。籍を入れたまま1年が経過し、先日、改元の時に離婚したのです」

仕事をいちばん頑張らなくちゃいけないときに、彼が吐き出す甘い言葉に溺れてしまったと、彩子さんは後悔しています。

「さすがに、今回は目が覚めました。母とは連絡を取っており、離婚を報告したら、『おつかれさまです』というそっけないスタンプが送信されてきました。今回で別れることができたような気がします。今の目標はあと70万円残っている借金を返すこと。婚活はそれからですね」

2回目の結婚時も、気が付けば彼に献身的に接してしまい、高級食材を使った食事を出していた。

1 2
アラフォー マッチングアプリ セカンド 恋愛講座 その1 美人探偵 結婚 恋愛運 婚活 キャリア 占い 不倫 浮気 運勢 アプリ 浮気事件簿 金運 恋愛 アラサー 貧困女子
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。