【麺喰い女子】オマール海老、ローストビーフ、トリュフオイル……8つの名店で超豪華な食材が目白押し!東京駅一番街・ラーメンストリートの10周年特別限定メニューがすごい

【麺喰い女子】オマール海老、ローストビーフ、トリュフオイル……8つの名店で超豪華な食材が目白押し!東京駅一番街・ラーメンストリートの10周年特別限定メニューがすごい

麺喰い女子の皆さん、最近ラーメン食べていますか?

ラーメンを楽しむ上での醍醐味はたくさんありますが、その中のひとつに「特別限定メニュー」というものがあります。ラーメン業界では何かの節目やイベントなど、さまざまなタイミングで特別メニューを開発・提供することがとても多いのです。そのフットワークの軽さとサービス精神の旺盛さも、ラーメンの大きな魅力だと思います。

そんなラーメン業界のフットワークとサービス精神がいかんなく発揮された特別企画が、東京駅八重洲口より直結している東京駅一番街にある名物エリア「東京ラーメンストリート」で現在行われています。2019年6月17日に東京ラーメンストリートが10周年を迎えたことを記念し、店舗を構える8店が特別メニューを提供しているのです!

ラーメン砂漠と呼ばれていた東京駅が、話題のラーメンが食べられる場所に

こちらを記念し、同日には東京ラーメンストリートの10周年記念勉強会が開催。開業を目指してお店の誘致や運営に携わった、東京ステーション開発株式会社の佐々木義衛氏と、こちらで店舗を出すラーメンを経営する店主2名のトークセッションが開催されました。出席したのは「塩らーめん専門 ひるがお」「とんこつラーメン俺式」を手掛ける前島司氏と、「東京駅 斑鳩」「東京の中華そば ちよがみ」を手掛ける坂井保臣氏です。

(左より)、東京ステーション開発株式会社 常務取締役営業開発部長 佐々木義衛氏、株式会社せたが屋代表取締役 前島司氏、株誌会社マーベル 代表取締役 坂井保臣氏。

「当時の東京駅周辺は美味しいラーメン店が少なく、“ラーメン砂漠”と呼ばれていたほど」(佐々木氏)という東京駅に東京ラーメンストリートが開業したのは2009年。「今、東京で食べられる話題のラーメン」というコンセプトで、「六厘舎」「ひるがお」「むつみや」「けいすけ」という4つの人気店が集結してスタートしました。

スタート当時からお店を出していた前島氏は「駆け出しのラーメン店主だった僕が東京駅でラーメン店を出せるなんて、まるで紅白歌合戦に出場できるような気持ちでした(笑)」と、出店を即OK。しかしその時出店をしていない坂井氏は、最初のオファーを断ったそうです。「1店で勝負していくという自負もあったし、ほかにどのお店に声をかけたのか知りたかったのですが、佐々木さんは絶対に教えてくれなかった。それで一度は破談になりましたが、それでもまた佐々木さんは諦めずに声をかけてくれたんです。この頃にはもうどのお店が入っているのかもわかっていたし、お互いに腹を割って話せたので出店を決めました」と、2011年から参入となりました。現在はさらにお店が増えて人気ラーメン店が8つ集結する名物エリアとなっていますが、それまでの道のりはやはりすんなりとはいかなかったようです。

1 2 3
セカンド アプリ 婚活 恋愛 貧困女子 浮気事件簿 その1 不倫 アラフォー キャリア 美人探偵 浮気 占い 恋愛運 恋愛講座 時短 結婚 アラサー 金運 運勢
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。