【沼にはまる女たち】26歳女子、カロリーも気になるし、彼氏も欲しい……でも今はタピオカにどハマり中!~その2~

【沼にはまる女たち】26歳女子、カロリーも気になるし、彼氏も欲しい……でも今はタピオカにどハマり中!~その2~

どこにでもいる女性でも気付くと、その世界の『沼』にハマってしまうケースを紹介する本シリーズ。今回の沼は、何かと話題のタピオカドリンクにどハマりした女性の「タピオカ沼」です。カラオケ店で初タピオカから、今ではSNSでタピオカパトロールをするようになった篠原萌さん(仮名・26歳・医療関係)。~その1~はコチラ

え!太った!?

タピ活(タピオカ活動)を続ける萌さん。SNSやネットに「タピオカ太る〜」「連日タピオカのはしごで5キロ太った」と書かれているのを目にするようになり、「甘いタピオカは、確かに太るだろうな」とドキッとしたとか。萌さんは急いで体重計に乗ったところ、3キロ増…。けれど、着られなくなった服はないので、これまで通りにタピ活を続けているそうです。「だって、おいしいタピオカを飲みたいし。もちろん体重も気になるけれど……、本気でダイエットしようと思ったら、夜ご飯抜けばなんとかなるじゃないですか。タピオカ=太るの構図になっているので、今後は糖質オフ、カロリーオフのタピオカドリンクがでたらいいなと思います」と語ります。

タピオカ愛は加速して…好きすぎて台湾

そうこうするうちに、タピオカの本場・台湾がどうしても気になり始めた萌さんは、とうとう有給休暇をとり、台湾タピオカ旅行へ行くことにしたそうです。どうしても本場の話題のタピオカ屋へ行きたい気持ちが、止められなかったそう。

「友達と一緒にタピオカの為だけに、台湾に行ってきました。台湾って今は気軽に行ける場所じゃないですか、LCCで安い時だと5000円くらいで航空券が買えるんですよね。最安値の時期じゃなかったので、1万円は超えちゃったけど、週末を利用して行っちゃいました」

そんな萌さん、台湾へ行ってすぐにタピオカ屋に向かったそうです。「これSNSにあがっていたタピオカ屋だ!」「もちもち感がたまらない!」「茶葉最高!」と、気づけばタピオカはしごをしていたとか。「日本と違ってそんなに並んでいないし、値段も安く飲める、タピオカ旅行は大満足でしたね」と、嬉しそう萌さんは、話してくれました。

1 2
不倫 貧困女子 浮気 恋愛 アプリ アラサー その1 仕事運 浮気事件簿 美人探偵 金運 セカンド 婚活 運勢 アラフォー 恋愛講座 占い 結婚 キャリア 恋愛運
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。