クラフトビールといえば、IPA(インディア・ペールエール)!日本産ホップで作られたIPAビールが期間限定登場!

クラフトビールといえば、IPA(インディア・ペールエール)!日本産ホップで作られたIPAビールが期間限定登場!

近ごろ人気のクラフトビールですが、クラフトビールといえばIPA、IPAといえばホップの風味というのを聞いたことがありますか?
このたび、キリンビールグループのブルワリー「スプリングバレーブルワリー」から、日本産ホップを使ったレアなIPAが数量限定で発表されました。さっそくご紹介したいのですが、その前に「ホップって何?」と思った人も多いのではないでしょうか。

インド向けだったからIPA

ホップの説明をする前に、「IPAって何?」と思った人も多いでしょう。

IPAはインディア・ペールエール(India Pale Ale)の略で、ビールタイプの名称です。「ペールエール」というのはイギリスの伝統的なビールで、上面発酵タイプのビール。ちなみに日本人が「とりあえずビール」で飲んでいるメジャーなビールは下面発酵タイプです。ペールエールは「エール」と比べると色が薄め。ということで「薄い」とか「青白い」という意味の「ペール」が冠されているのです。

なぜ「インディア」なのかというと、18世紀、当時イギリスの植民地だったインドに輸送されたことに由来します。インドまでの長い航海中、ふつうのエールは腐敗してしまいました。そこで、ホップを大量に添加した腐りにくいペールエールがインドに輸送されるようになりました。

ホップはもともとビールに使われていた原料で、ビール特有の苦味もホップあればこそ。またホップには乳酸菌など菌の繁殖を抑える作用があり、長い航海が必要なインド向けのペールエールには大量のホップが投入されたのです。これがインディア・ペールエール、すなわちIPAです。

ホップはツル性の植物。写真は日本産のホップ「MURAKAMI SEVEN」。

ホップはツル性の植物で、「毬花」(まりはな)と呼ばれる花のような部分がビールの原材料に使われます。身近にある植物ではありませんし、日本で栽培している農家もごく少数なので、実際に目にしたことのない方が多いのではないでしょうか。

IPAにはまるビール女子

そういうわけで、IPAは苦味が強いビールです。しかし「IPAを飲んではまった!」というビール女子も多いようです。中には以前はビールの苦味が苦手だったのに、IPAを飲んだらビールが好きになったという人もいますから、IPAは単なる苦いビールではないのですね。

ホップの役目は、苦味づけと雑菌の増殖抑制のほかに、あと2つあります。泡持ちをよくすること、そして香りです。

ビールの何とも言えない爽やかな香りは、ホップが入っていればこそ。そしてホップの品種や、製造工程で加えるタイミング、量によって、そのビールの味わいや風味が変わってきます。

1 2
アプリ 恋愛運 占い 運勢 アラフォー 婚活 美人探偵 キャリア その1 アラサー 時短 浮気 浮気事件簿 恋愛講座 金運 貧困女子 恋愛 不倫 結婚 セカンド
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。