【セカンド女子】友人と取り合った男を一度は手に入れたはずなのに…。許し続けたことで、見えなくなった別れ時~その1~

【セカンド女子】友人と取り合った男を一度は手に入れたはずなのに…。許し続けたことで、見えなくなった別れ時~その1~

20~30代の独身女性の彼氏がいない確率が50%を超える今。いつの間にやら少数派になった彼氏持ちの女性の中には、彼氏はいるもののセカンドポジションのまま、いつまでたってもファースト(本命)になれない女性たちがいます。彼女たちが本命になれない原因は何なのでしょうか……。彼女たちの過去の恋愛から、その原因を探っていきます。

☆☆☆

今回お話を伺ったのは、都内の人材教育や業務請負を行なう企業で事務の仕事をしている石田洋子さん(仮名・32歳)。胸まである茶髪はふんわりと巻かれ、目にはしっかりとアイラインとマツエク、口元は赤のリップと、ヘアスタイルやメイクもバッチリ。服装も、胸元が深いVになったリネン素材のグレーのロングワンピースを着ており、女性らしい印象。全体的に男性にモテそうな雰囲気を持つ洋子さんですが、そんな彼女のセカンド気質はどこにあるのか――。生い立ちや、学生時代の恋愛から話を伺っていきます。

「出身は神奈川県で、両親と4歳下に妹のいる4人家族です。私の家は躾がとにかく厳しくて、小さい頃はもちろん、大学生になっても外出する時は、“誰と・どこに・何時に帰ってくるのか”を前もって報告して、父親の許可をもらわないといけませんでした。それも私だけ。妹にも同じように厳しかったはずなんですが、妹は父親と何度もぶつかり合って、放っておかれるようになったみたい。私は父とケンカもロクにできませんでした。なぜなのかわかりませんが、私は人とぶつかることがとにかく嫌いなんです。それは家族だけでなく、他の人全員に対してもですね」

初めて彼氏ができたのはいつですか?

「高校生の時です。高校2年生の時に同い年の男の子と同じバレー部が縁で仲良くなりました。私は中学の時からずっと塾や予備校に通っていたんですが、高校の時も門限は暗くなるまでに帰宅することで、門限が免除されるのが、部活と塾の時だけだったんです。だから彼にはお願いして同じ塾に通ってもらい、勉強や部活の合間に一緒に過ごすようにしていました。でも、部活を引退して、受験シーズンに入ってしまうと、本当に一緒に勉強するだけの関係になってしまって。一緒にいる意味がないと言って、振られてしまいましたね」

洋子さんは成績優秀で、両親の希望する大学へ進学。そこでも真面目な学生生活を歩み、特に誰かと付き合ったりはしなかったそう。

「大学は父がずっと勧めていたところに入ることができました。父の要望に応えたことで、門限などがだいぶ柔軟になりましたね。でも、誰と遊びに行くのかの報告は大学時代も続きました。

大学では気になる異性もいました。でも、誰と行くのかという親への報告で一度男性の名前を出したら、反対こそしないものの『連れてこい』とか、『相手は将来は何になりたい奴か』とか、色んなことを言ってくるようになって。そこで面倒臭くなってしまうんです。何度かは友人にアリバイを頼んで遊びに行くこともありましたが、そんな時は少しハラハラしてしまって、遊んでいることに集中できないんですよ。誰とも何度かデートしてもその後に続かず……。20歳を超えてからはお酒も解禁になって飲み会も参加していましたが、私はお酒がまったく飲めないことがわかって……結局、大学時代は異性と2人きりで遊びにいったのも数回しかありませんでした」

就職で門限が解禁。夜遊びにハマってしまう

1 2
その1 キャリア アラフォー 美人探偵 金運 恋愛 アプリ 浮気 婚活 占い 不倫 結婚 運勢 セカンド 恋愛運 貧困女子 アラサー 恋愛講座 時短 浮気事件簿
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。