サンダル、パンプス、スニーカー…自分でできちゃう靴のお手入れ方法

サンダル、パンプス、スニーカー…自分でできちゃう靴のお手入れ方法

雨が降ると、靴が傷んでイヤだなあ……と思っている堅実女子は決して少なくありません。お気に入りの靴は雨が降りそうな日は履かないようにするなど、自分なりのルールを決めて、できるだけ長期間愛用できるように心がけている人もいらっしゃいますが、自分でできるひと手間のメンテナンスで靴が長持ちするなら、やっておきたいですね。

今回、自分でできるお手入れ方法を、「ミスターミニット」の長嶺素義さんに教えていただきました。

『働く堅実女子のための靴のお悩み解決~雨の季節の靴のお手入れ編~』はコチラ

『バーゲンで失敗しない靴選びのコツは「ベーシック」と「サイズ」。正しいサイズの選びのチェックポイント5つ』はコチラ

サンダルのお手入れ方法

サンダルは、磨く部分も少ないのでお手入れするスペース的には少ないのですが、パンプスでは見えにくいインソールが気になりますよね。特に、素足で履いた後の汗のあとなど、サンダルを脱ぐ機会があるときには特に気になります。

「これは、汗だけでなく皮脂汚れがついたものなので、アルコールを含ませた布で拭きとれば、汚れが積み重なることはないですよ。」と、長嶺さん。また、昨年履いていたサンダルを出してきたら、インソール部分が変色していたなんて時には、ソール部分だけ張り替えることもできます。サンダルシーズン到来なので、早めにチェックして、実際に今シーズン履く前にメンテナンスするのがおすすめです。

インソールなどは、自分で手軽に取り入れられるアイテム。

 

パンプスのお手入れ方法

革のパンプスは、汚れをとって、保湿クリームを塗るという基本のお手入れが一番効果的だそう。

長嶺さんは、「メイクと一緒だと考えてもらうとわかりやすいと思います」と、おっしゃいます。というのも革もお肌と同じなので、メイクを落とすように汚れを落とし、そのあと乾燥しないように保湿すれば、革のいい状態が長く続くのです。確かに、これならお手入れの順番も間違いませんね。うっかりしがちなのが、艶出しタイプを使うと逆に傷んでしまう恐れが。これは、ファンデーションを重ね塗りするのと同じイメージで、ひび割れなどの原因になるそうです。

また、内側も汗や皮脂で汚れているので、アルコールを含ませた布や除菌シートでふきとりましょう。

「サンダルより風通しが悪いので、内側もしっかり拭いて乾燥させるようにしてください。

また、革靴は2日続けて履かないこと。内側が完全に乾いていないのに履いてしまうと、靴の中が蒸れて、皮脂などから発生した菌を育てていることになります。もともと汗は臭いが無いのですが、皮脂から発生する菌がにおいの原因になるのです。両足で1日コップ1杯分の汗をかいているので、その湿気をとるためにも、しっかり乾かすことを意識してください」

汗には臭いがなく、菌をパンプス内で培養している状態でにおいが発生しているとは、衝撃を受けました。1日履いて2日休ませるのが理想で、そうすることで1足の寿命も長くなるとのこと。お気に入りは、2足準備しておくとローテーションしやすいかもしれません。

合皮の場合は革靴よりさらに蒸れやすく、乾きにくいので、よりしっかり乾燥させるのがいいそうです。シーズンオフや、時々しか履かない靴は買ったときの箱に入れてしまいがちですが、乾燥させるという点からもNGだそう。靴箱に並べていても湿気がこもるので、1か月に1回くらいは靴箱を開けて、外気に触れさせましょう。

ブラシで汚れを落とし、保湿を忘れずに。

1 2
キャリア 運勢 セカンド 不倫 恋愛 浮気 恋愛講座 その1 アラフォー 結婚 恋愛運 時短 金運 貧困女子 浮気事件簿 アラサー アプリ 美人探偵 占い 婚活
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。