【セカンド女子】「俺にしとけ」「友人を紹介する」どっちが彼の本音?偽りの友人関係の中で進んでいた彼の本命ルート~その1~

【セカンド女子】「俺にしとけ」「友人を紹介する」どっちが彼の本音?偽りの友人関係の中で進んでいた彼の本命ルート~その1~

20~30代の独身女性の彼氏がいない確率が50%を超える今。いつの間にやら少数派になった彼氏持ちの女性の中には、彼氏はいるもののセカンドポジションのまま、いつまでたってもファースト(本命)になれない女性たちがいます。彼女たちが本命になれない原因は何なのでしょうか……。彼女たちの過去の恋愛から、その原因を探っていきます。

☆☆☆

今回お話を伺ったのは、都内の広告デザインなどを行なう企業で営業の仕事をしている斎藤ゆかりさん(仮名・34歳)。後ろで1つに束ねられた黒髪は胸の位置まであり、しっかりと手入れが行き届いているようで、天使の輪ができています。服装は首元にギャザーの入った総レースのブラウスに、黒のフレアスカートを合わせており、全体的にゆるいシルエットで少しふくよかな様子。色白なところも含め、男性が好きそうな柔らかい雰囲気を感じます。そんな彼女のセカンド気質はどこにあるのか――。生い立ちや、学生時代の恋愛から話を伺っていきます。

「出身は千葉県の海沿いのところで、両親と2歳下に妹のいる4人家族です。家族仲は悪くはないんですが、両親は小さい頃からそこまで仲良しではなかったですね。父は仕事人間で、平日に会うことはほぼありませんでした。でも、父は週末には必ず遊んでくれていたんですが、覚えている記憶はいつも3人。母も含めた4人で出かけた記憶は、祖父母の家に行く時ぐらいでした。両親は今も離婚はしていませんが、実家で1階と2階の家庭内別居状態。妹がバツイチで出戻っているので、その冷めきった関係について逐一報告を今も受けている状態です」

初めて彼氏ができたのはいつですか?

「大学生の時です。合コンで知り合った同い年の、別の大学に通う人と付き合いました。付き合ったきっかけは、最初は向こうからのアプローチで好きになって、その気になった私が告白したという感じですかね。でも、最初のアプローチは私だけじゃなかったみたいで、少し時期がズレていただけで友人ともほぼ同時進行で付き合っていたんですよ。中学、高校と部活に明け暮れてまったくモテなかったので、少しアプローチを受けただけで、人柄を知ることもなく好きになってしまったんですよね……。付き合った期間は2か月ほどで、友人からの付き合っている話を聞いて別れました。彼女は私と彼が付き合っていたことを知りません。でも、彼女も私が別れてからすぐに相手の浮気原因で別れたみたい。私たちだけじゃなかったところにもゾッとしましたね」

ゆかりさんはその後、アルバイト先で知り合った男性と2年ほど付き合いますが、その彼との破局も2マタ。男性を見る目がないと語ります。

「その彼とは同じアルバイトで、半年ほどは友人関係だったんです。お互い最初から無しじゃないと意識した関係ではあるんですけど。でも、その彼は付き合うとなった時もちゃんと告白してくれたし、付き合うまでは一切手を出してきませんでした。見た目も黒髪で、女遊びが激しい様子もまったくなかったし。でも、彼は同じ大学にずっと彼女がいたんです……。私が浮気相手として、彼女の友人たちに呼び出されてその事実を知りました。彼は逃げるようにアルバイト先を辞めて、ちゃんとした別れ話もなし。2年も気づかなかった自分にもガッカリしましたね……」

27歳で知り合った男性からのアプローチで、またもその気に

1 2
時短 恋愛講座 セカンド 浮気事件簿 キャリア 結婚 アプリ 貧困女子 その1 婚活 恋愛運 浮気 美人探偵 不倫 アラフォー 恋愛 運勢 アラサー 占い 金運
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。