【私の場合】耐え難い……アラフォー女子が知ってしまった「容姿のランク付け」とその現実~その2~

【私の場合】耐え難い……アラフォー女子が知ってしまった「容姿のランク付け」とその現実~その2~

エントリーシートと、有り無しで選ぶのは、過重なストレスだったそうです。

「私が“不採用”の箱に入れたら、その人の人生が変わってしまう。見ず知らずの人の人生が、私のあら選びに関わっていると思うと、全てを”選考対象”に入れたくなる。採用の仕事を始めてしばらくして、私と同じ大学に在学している女子学生のエントリーシートを見たんです。内容がわかりやすく、オリジナリティーにあふれていた。とてもよかったので、選考対象にしました」

その女子学生はエントリーシートの内容はよかったけれど、プロフィール写真の容姿が劣っていました。

「現場の上司から『こいつは顔がダメだろ。よくて30点。クソブスは山で炭でも作ってろって感じ。やる気でないよ~こんなブス。悪いけど、自分の好みで選ばないで』と言われたんです」

その翌日から、奈緒美さんは帯状疱疹を発症してしまいます。

「全身が痛くなり、即刻入院。今まであったことを母に言ったら、『だからあんたも早く結婚しなさいって言ったのに。百合(女性同士の同性愛のこと)なんて言われて私がどれだけ恥ずかしかったか』と非難されました。あの飲み会で、不倫疑惑、レズビアン疑惑、そして今……。鏡を見ると、たった2年程度の間に、白髪が増え、ストレスで髪が抜け、帯状疱疹を発症している、お化けのような私が映っていました」

これを機に、会社を辞め、上京することを決意したそうです。

「給料も福利厚生もいい会社だったし、実家暮らしなので貯金は1000万円くらいありました。お金があると自信になるというか、両親の大反対を振り切って、36歳で初の上京です。前の会社のネームバリューもあって、すぐに採用も決まり、今は充実していますが、東京の仕事はスピードが速いし、ノルマもあって、かなり厳しい。でも地方でバカにされたまま過ごすか、東京で戦うか……東京って、毎日が戦争みたいな感じですね。東京に生まれ、人脈も容姿も才能もなんでも持っている人がいて、その人がすべてを無自覚にかっさらっていくような世界だと思います。地元の会社の“顔採用”の女性たちなんて、彼女たちに比べたら、ただの田舎娘。でも、私の能力は評価されるし、国立大学を出ていることで尊敬もされます。毎日が戦いですが、それでも地元に戻るよりはマシなのかな……。東京に出て来てからは貯金が目減りしまくって、100万円を切っていますけどね(笑)」

東京に出て来てから、初の彼氏ができたという奈緒美さん。

「彼はバツ2のWEBデザイナーで、付き合って半年なのですが、だんだん本性が出てきたというか……ウチに来てふんぞり返って私の作る料理を食べて、風呂に入って、2人で過ごして帰っていく。女が悪いのか、私が悪いのか、いつになったら本当の男女平等になるのかと思います」

積み上げてきたキャリアは、不倫疑惑、同性愛疑惑などで崩壊。そこを脱出できたのは、環境を自ら変えたことだった。

1 2
その1 時短 アプリ セカンド アラサー アラフォー キャリア 貧困女子 結婚 占い 運勢 不倫 美人探偵 恋愛 婚活 恋愛講座 金運 恋愛運 浮気事件簿 浮気
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。