なんだかんだで気を使ってしまう、年上の部下との接し方

なんだかんだで気を使ってしまう、年上の部下との接し方

成果主義の導入や中途採用の普及によって、自分よりも年齢が上の人が部下になることもそう珍しくない今日この頃。人生100年時代の到来、そして働き方の多様化で再雇用や再就職が今よりも盛んになるこれからは、もっとそんな人が多くなるかもしれませんね。

そんな中、「年齢なんて気にしない」と言いつつも、相手の年齢をなんだかんだで意識してしまっている堅実女子もいるのでは?今回は、年上の部下とのコミュニケーションの取り方のヒントをご紹介します。

1. 相手をリスペクトすることを忘れない

いくら部下だからといっても、相手の方が年齢が上であることを忘れないようにしましょう。たとえ、自分の方が社歴が長かったり、スキルや実績に自信があったりするとしてもです。

自分よりも長く生き、働いているということは、その分様々な経験をしており、視野が広く、深い可能性が高いということ。これらは小手先のスキルやテクニックと異なり、得ようとしても簡単に身につけられるものではありません。仕事以外の面でも、相手から学ぶことはたくさんあるのです。

もちろん、名前の呼び方や敬語の使い方などは、職場の雰囲気や相手との関係性にもよるでしょう。大切なのは相手を敬う姿勢。これは年齢関係なく、コミュニケーションの基本ですが、年上の部下を前にすると「頑張らなきゃ」と変に意識してムキになってしまう人も中にはいるようなので要注意。

普段心の中で思っていることは、無意識のうちに言葉や態度に出てしまうもの。今一度、自分を振り返ってみましょう。

1 2
運勢 アラフォー 貧困女子 占い 結婚 時短 不倫 恋愛講座 アプリ 美人探偵 婚活 キャリア 浮気事件簿 その1 浮気 金運 恋愛 アラサー セカンド 恋愛運
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。