恐竜にはロマンがある……「恐竜博2019」はデートにオススメ!

恐竜にはロマンがある……「恐竜博2019」はデートにオススメ!

国立科学博物館(東京・上野公園)では、2019年10月14日まで、『特別展「恐竜博2019」』が開催されています。堅実女子の皆さん、そこまで恐竜に興味なんてないから……とスルーしてはいけませんよ!恐竜は子供だけじゃなく、男性にも人気があるのです!……ということは、つまりデートスポットとして◎ということ。今回はその恐竜展の見どころをご紹介します!デートの前準備にご活用あれ!

いざ、約6600万年前に絶滅したとされている恐竜の世界へ。

世界初の展示もあり!恐竜研究50年の歩みが一堂に集結!

恐竜展では、恐竜研究50年の歩みが振り返ることができ、国内外の重要標本を一堂に集結されています。会場は5つのキャプチャーに分かれていて、研究、恐竜の歴史を時系列で知ることができるんですよ。

1つ目の部屋「恐竜ルネサンス」では、新しい恐竜研究の始まりとなった1969年に命名された肉食恐竜デイノニクスについて学ぶことができます。ここでは、デイノニクスのホロタイプ標本が日本初上陸しているとのこと!映画『ジュラシックパーク』に登場するモデルにもなった恐竜と聞けば、覚えのある方もいるのではないでしょうか。

全長は2.7メートルとそこまで大型ではないものの、学名の由来は「恐ろしいツメ」。集団で狩りをしていた恐竜とのこと。

展示されている化石の上には、その恐竜の特徴などが紹介されています。

その他にも、恐竜が鳥類のように卵を温めて育てるといった高度な子育てをしていたことがわかる化石も展示されています。今の鳥類の子育ての習性は、恐竜から引き継がれたものだと言われているのだとか。さらにはペンギンのように、卵を温めているのはオスだったそう。恐竜にはイクメンもたくさんいたそうですよ!なんだか昔の亭主関白というより現代的で、妙な親近感が湧いてきますね。

続いて2つ目の部屋「ベールを脱いだ謎の恐竜」では、モンゴル・コビ砂漠で発見された「恐ろしい手」を意味するデイノケイルスの近年見つかった頭骨などの実物化石と、全身復元骨格が世界で初公開されています。ここでの見どころはもちろん、復元された骨格展示!その全長はなんと11メートル!写真を見てもらうとわかるように、その大きさは圧巻でした!

東武の化石の前にペンを置いてみました。頭だけでこの大きさということは……。

デイノケイルスの全身復元骨格。高さは約4.5メートル!見上げる大きさ!

来場者と比べると、その全体の大きさがわかるでしょうか。

1 2
浮気 恋愛 恋愛講座 運勢 恋愛運 キャリア その1 アラサー 金運 美人探偵 不倫 アラフォー 結婚 アプリ 占い 婚活 貧困女子 浮気事件簿 時短 セカンド
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。