【沼にはまる女たち】使い古したボールペンが捨てられない!トイレットペーパーは常時60ロール確保、家が物であふれる捨てられないストック沼~その1~

【沼にはまる女たち】使い古したボールペンが捨てられない!トイレットペーパーは常時60ロール確保、家が物であふれる捨てられないストック沼~その1~

どこにでもいる女性でも気が付くと、その世界の『沼』にハマってしまうケースを紹介する同シリーズ。近年は必要のないものは捨て、本当に必要なものを見つめ直す断捨離や、ミニマリストと呼ばれる生活がもてはやされています。しかし一方でその反対の「ものが捨てられない」「日々使う必需品のストックがないと落ち着かない」といった人も、案外多いのではないでしょうか?

物が積み重なった出窓のせいで、薄暗いリビングに

「とにかくものが捨てられない」そう語る綾子さん(仮名・35歳・パート勤務)は、小学生の男の子と、幼稚園に通う女の子のお母さんです。断捨離をしたいけれどできないし、気が付くとモノであふれる家をなんとかしたい……。

そんな綾子さんの悩みをうけ、ある日筆者たちは「だったら一緒に部屋の断捨離しよう!」ということに。知人数人と一緒に、綾子さんの家で断捨離の手伝いをすることになったのです。その日、綾子さんの家を訪れるのは知人含め全員初めて。家は新興住宅地にある一軒家で、家族四人が住むには申し分のない広さでした。

部屋全体の第一印象は「確かにモノがごちゃついているな」。家を入るとすぐにリビングがありますが、そこは幼稚園の娘さんのおもちゃや絵本などがたくさんありました。すぐ横に食卓テーブルとソファ、テレビがあり、食卓テーブルには謎の書類や缶ケース、ダイレクトメールなどが占拠。そして何より印象的だったのは、出窓が完全にもので塞がれており、なんとなく部屋全体が暗いのです。そこでまず私たちはリビングで「明らかにこれは捨ててもいいだろう」と判断したものを、ひたすら選別する作業に入りました。

大量のダイレクトメールや使い古しの密閉袋、ボールペンが捨てられない理由

ここで私たちが「これは捨ててもいいのでは?」ピックアップした主なものは、以下の通りでした。

・某ファストフード店でもらえる大量のおもちゃ

・100円ショップに売っていそうな子ども用おもちゃ

・ボールペン10本

・謎のコード

・謎の薬

・雑誌のバックナンバー

・大量のダイレクトメール

・大量の使用済みチャック付密閉袋

・1年以上前の学校からもらった書類

私たちは正直、この中で「捨てちゃダメ」と言われるものは、ほぼないと思っていたのです。しかし綾子さんが「捨てていい」とすんなりOKしてくれたのは、「謎のコード」と「謎の薬」「大量のダイレクトメール」のみ。ほかは捨ててはダメと言われてしまいました。

1 2
時短 恋愛運 その1 キャリア 運勢 恋愛講座 浮気事件簿 占い 不倫 婚活 浮気 金運 アラフォー セカンド 恋愛 美人探偵 アラサー 貧困女子 結婚 アプリ
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。