堅実女子ニュース&まとめ 結婚しない人生|「金と時間は自分のもの」46歳の意識高い系料理男子が、結婚しなかった理由~その2~

婚活関連のニュースがあふれていますが、生涯未婚率(50歳時未婚率)は上昇。国勢調査によると、50歳まで結婚したことがない人は、1990年には男性5.6%、女性4.3%だったのに、2015年の国勢調査では男性23.4%、女性の14.1%と、男女ともに約4倍のポイントに跳ね上がっています。

独身の経済観を示す「ソロエコノミ―」という言葉も登場。増え続けるシングルの背景を取材しました。

その1はこちら

自分より下のスペックの女性は避けたい

お話を伺った、垣田将太さん(仮名・46歳)は東京下町エリアに住む会社員です。年収は420万円で、会社の業種は福祉関連で安定しています。見た目もよく、モテないわけではないのに結婚しない人生を歩んでいるのはなぜか。

結婚しない人生を選んだ理由のひとつに、格差社会があると続けます。

「女性は、自分よりも“ちょっと上”の男性を結婚相手に選ぶのだと感じます。僕のスペックは三流私大卒で、年収420万円。仕事は苦しくはありませんが、出世しようとか、収入を増やそうとかは全く思わない。そんな僕と結婚しようというのは、“ちょっと下”の女性なんですよ。仕事を辞めたがっている派遣社員さんとか、一般職の人とか……。でも僕の今の生活を結婚しても維持するには、せめて僕くらい稼いでくれる人じゃないと」

かといって、バリバリのキャリアウーマンは避けたいそう。

「男のプライドなのかもしれません。年収も学歴も僕以上の女性だと、バカにされたり行動が制限されたりしそうで、やはりそれも避けたい。こうして人に話していてわかったのは、僕は自分の時間とお金を、自分のためだけに使いたいから、結婚しないのかもしれない」

将太さんは家事の能力が高く、寝込むほどの病気になったこともなく、心の底から結婚したいと思ったことはないと言います。

「僕はちょっと潔癖なところがあって、家はキレイにしています。それに、10年くらい前に料理合コンに行ってから料理のほうにハマってしまい、今では安い素材でそこそこおいしいご飯が作れます。だから、離婚したり家庭がうまくいっていない友達がよく家に遊びに来る。ミートボール入りのグラタンは、よく作ってと頼まれますね。コーヒーも好きな豆を挽いて、毎朝飲んでいますし……“意識高い系”とはちょっと違うと思います。別にエコロジーとかロハスとか、食品添加物とかあまり興味ないですし。だって、自分の子供もいないのに、そんなこと気にしてもしょうがないですよ」

男友達が多く、どこか女性を遠ざけるのは、正直めんどくさいから

1 2