婚活お悩み相談室|出会いはあるけれど、いい人がいない……と嘆く婚活女子の問題点は「闇雲に好きなタイプを探しているから」

婚活お悩み相談室|出会いはあるけれど、いい人がいない……と嘆く婚活女子の問題点は「闇雲に好きなタイプを探しているから」

婚活がうまくいかない……。そんな人のお悩みに答えるべく、成婚率80%を誇る結婚相談所マリーミー代表であり、カリスマ婚活アドバイザーの植草美幸さんが登場!婚活中の女性に起きる“あるある問題”をズバッと解決してくれます。

植草美幸さん……年間2000組を超えるカップルを見てきた現役婚活アドバイザー。東京・青山の結婚相談所マリーミー代表、東京恋婚アカデミー校長、兼アパレル人材会社 株式会社エムエスピー代表取締役。最新著書は『なぜか9割の女性が知らない婚活のオキテ』。

 

 

婚活女子のお悩み

「積極的に婚活しているので出会いはあるし、男性からまったく興味を示されないわけでもなく、何人かデートしている人もいます。でも自分からイヤになっちゃったり、思うように進展しなかったりで、それをずっと繰り返しています……。とにかく、いい人がいないんですよね……どうしたらいいのでしょうか?」(ほのか・31歳)

いい人がいない、進展しない……婚活女子の悩みのトップ3に必ず入ってくるものです。一体どうしたらいいのか、植草美幸さんにお伺いしてみました。

■いい人がいない。その最大の原因は“結婚相手”ではなく、闇雲に“好きなタイプ”を探しているだけだから

いい人がいない。

婚活中の女性から、本当によく聞く言葉です。

そんな人たちに、まず言いたいのが「結婚相手探しと恋人探しは違う」ということ。婚活の先にある結婚とは、まず自分が生きていきたい道があり、その途中に結婚というライフイベントがあるという考え方です。何歳のときに子どもが欲しいとか、仕事では何歳でこうなっていてほしいとか。そういう自分のライフプランや人生観が前提にあり、そこから「じゃあ、それを叶えてくれる人はどんな人なのか?」と逆算して相手を探していきます。

「いい人がいない」「いい人に出会えない」と口グセのように言っている人は、この前提がまったくわかっていない可能性大!ただ闇雲に“自分の好きなタイプ”を探しているだけという人が本当に多いんです!

好きなタイプというのは、サッカーが上手だったとか、勉強がクラスでトップだとか、小学生のときのそれと同じ。大人になったら、どこの大学だとか、どこの会社に勤めているとか、お金をたくさん稼いでいるとか、そういうことになってくるのかもしれませんが、これも“結婚相手の条件”というよりは“好きなタイプ”に近い理想像です。

結婚はしたい。でも相手のどこを見ればいいのかわからないまま、なんとなく若い頃の延長線上で“好きなタイプ”を探している。そんな状態であれば、「これも違う」「あれも違う」と、道に迷うのは当然のことです。

1 2
アラフォー 占い 婚活 セカンド 浮気 アプリ 恋愛講座 運勢 不倫 美人探偵 その1 恋愛運 金運 浮気事件簿 キャリア 貧困女子 アラサー 時短 結婚 恋愛
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。