【派遣女子・更新なし】 イケてる上司にストーカー、ハイスぺ婚狙いのアラフォー派遣の闇~その1~

【派遣女子・更新なし】 イケてる上司にストーカー、ハイスぺ婚狙いのアラフォー派遣の闇~その1~

パートやアルバイトというような非正規雇用が増え続けている現代。いわゆるフリーターと呼ばれているアルバイトやパート以外に、女性に多いのが派遣社員という働き方。「派遣社員」とは、派遣会社が雇用主となり派遣先に就業に行く契約で、派遣先となる職種や業種もバラバラです。そのため、思ってもいないトラブルも起きがち。

自ら望んで正社員ではなく、非正規雇用を選んでいる場合もありますが、正社員の職に就けなかったため仕方なくというケースも多々あります。しかし、派遣社員のままずるずると30代、40代を迎えている女性も少なくありません。

出られるようで、出られない派遣スパイラル。派遣から正社員へとステップアップできずに、ずるずると職場を渡り歩いている「Tightrope walking(綱渡り)」ならぬ「Tightrope working」と言われる派遣女子たち。「どうして正社員になれないのか」「なぜ派遣を選んでいるのか」を、彼女たちの体験から検証していこうと思います。

☆☆☆

栗崎亜里沙さん(仮名・40歳)は、現在、不動産関連会社で派遣社員をしています。これまでに渡り歩いた会社は15社だとか……。

「私は氷河期世代で、就職活動は100社以上にエントリーシートを出して、ほぼ全滅。それで、派遣社員になりました。人材派遣会社って、当時の新卒に手厚かったんです。PCの操作、ビジネスマナー、電話応対から、メイク、ファッションアドバイス、税の仕組みや貯金の方法など、一通りの社会人スキルを無料で教えてくれたんです。今思えば、それは搾取するための投資だったんですよね」

亜里沙さんは、誰もが知る難関大学を出ています。実家も都内にあり、父親の勤務先は大手ゼネコン。コネもあったのではないでしょうか。

「でもダメだったんです。面接までこぎつけても、圧迫面接で敗退したところも多々あります。私、恨む気持ちが人よりも数倍強くて、たぶん、そこを見抜かれたんじゃないかな、って。あの時私を落とした企業の製品は一切買っていません。ある有名な食品メーカーは、2次面接で落とされたのですが、担当官がセクハラしてきたんです。恋人の有無や出産のことについて聞いてきて、それ以来ホントに許せなくて、ネットでその担当官の名前を検索。あるSNSでその人の存在を発見し、友達申請を出したらOKをくれた。以降、その人のSNSを追いかけています。不幸になってほしいと思いながら見ていると、病気やけがをしたり、子供が事件に巻き込まれたり、離婚したりと、その人の人生は悪いことだらけなるんだと思いました。念ずれば通ず、ですね」

セクシャルハラスメントの標的になりやすいとご自身で思っているように、亜里沙さんは魅力的な外見をしています。スレンダーなボディーに大きなバスト。たっぷりとした毛量のストレートのロングヘアを無造作に巻き上げていて、大きなたれ目と泣きぼくろにマッチしています。フランス女優のようなアンニュイな雰囲気に、自分自身の女性の魅力を封じ込めるような、マニッシュなファッションがセクシーです。現在は独身。結婚観について伺いました。

恋愛体質が、派遣先から更新されない一つの理由になっていた。

1 2
結婚 浮気事件簿 貧困女子 浮気 恋愛運 占い アラフォー 婚活 恋愛講座 美人探偵 運勢 その1 アラサー セカンド キャリア 不倫 恋愛 時短 金運 アプリ
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。