初めてのモデルルーム見学!見落としがちなポイント、間取りと廊下の見方を解説

初めてのモデルルーム見学!見落としがちなポイント、間取りと廊下の見方を解説

「そろそろマンションを買いたい!」と考えている堅実女子も、少なくないのではないでしょうか。そんな人はまずはモデルルームに行ってみましょう。マンションを選ぶ際に多くの人は、立地や部屋の広さ、年数などをチェックします。でも、他にもチェックすることはたくさんあるって知っていますか。

今回はモデルルーム見学で見落としがちなポイントのひとつ、間取りと廊下のチェックの仕方をご紹介します。

行く前に気をつけたいこと

まず、モデルルームに初めて行く人に多く見られる間違いについて要チェック。

それは、ほとんどの場合、実際のマンションの立地とモデルルームが作られている場所は違うこと。それを知らないと、マンション建築現場でいくら探してもモデルルームが見つからなかったということにもなりかねません。とはいえ、ほとんどの場合近い距離にあるため、モデルルームで見学したあと実際に立地を見に行くということもできます。予約したら事前にパンフレットが送られてくることも多いので、ちゃんとモデルルームの場所を確認しておくようにしましょう。ちなみに、大型マンションは建築前に販売が行なわれますので、実際のマンションを見て購入を決めるのではなく、モデルルームを見て購入を決めることになります。

間取り選びのポイント

まず、間取りで見落としがちなポイントを説明します。

間取りは部屋の広さだけでなく、収納場所もチェックしましょう。間取り図の中には収納場所も一緒に書かれています。収納場所が増えれば増えるほど、部屋で使える広さはその分小さくなってしまいます。しかし、部屋が狭くなっても収納場所がある程度確保されているほうがすっきりとして暮らしやすい家になりますよ。収納が少ない部屋はどうしても部屋のあちこちに荷物が出っ放しとなってしまい、全体的に散らかってしまいがち。それに対して、収納が充実している部屋だと荷物が隠れるため、部屋が狭くても全体的に散らかりにくくごちゃごちゃしません。

そして、無駄に部屋数が多い部屋は選ばないこともポイント。マンションなどでは平米数に応じて管理費がかかることもあるためです。そもそも、あなたはその部屋を何人で住むつもりですか?「いつか結婚したら……」などと考えて、無駄に部屋数を多くするのは、とても不確定なこと。結婚したら、改めて別の部屋に住んだり、または売ってしまうという選択肢もあります。大きめの部屋は魅力的ですが、あなたの身の丈に合った部屋を選ぶことがまずは第一です。人生のパートナーがまだいなのなら、ましてや子供部屋のことなんて、考える必要はありません。

1 2
恋愛 セカンド 不倫 浮気事件簿 運勢 恋愛講座 結婚 キャリア アラサー 美人探偵 その1 貧困女子 浮気 婚活 アプリ アラフォー 時短 金運 占い 恋愛運
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。