堅実女子ニュース&まとめ 9月3日は睡眠の日……寝ている間に夢をよく見る人は約2割、よく見るのはどんな夢?

9月3日は「秋の睡眠の日」。睡眠に関する正しい知識の普及・啓発を目的に、2011年に制定されました。この日にちなみ西川株式会社では、日本人1万人を対象とした睡眠の現状を調査。近年は「睡眠負債」という言葉が注目されていますが、日本人の睡眠不足は世界的に見ても深刻といわれています。一体日本人はなぜ、安眠できない人が多いのでしょうか?

日本人の半数は不眠症予備軍!眠れない原因はお金の不安?

うまく眠ることができない不眠症の疑いがあるかを判定する方法として、「アテネ不眠尺度」という世界共通の不眠判定方法があります。「睡眠時間は足りていますか?」「夜中に目が覚めましたか?」などの質問に回答していくことで判定することができますが、この方法で「不眠症の疑いがある」と判定された日本人はなんと50.1%。「少し疑いがある」は17.1%となっており、「心配なし」は32.8%でした。やはり日本人の睡眠の質は深刻な状態にあるといえるでしょう。

なぜこれほど眠れない人が多いのでしょうか?同調査では悩み事が原因で眠りにつくことが辛かった時の、悩みごとについて調査。結果は次の通りとなっています。

2番目に多いのは「健康に関する悩み」。ある年齢から健康が当たり前ではなくなります。

悩み事で一番多いのは「将来に関する悩み」(22.6%)。さらに具体的な将来の悩みを調査したところ、一番多いのが「お金・貯金」(64.3%)で、それに続くのは「収入」(55.6%)。どちらもお金に関する悩みとなっています。少し前に金融庁が公的年金以外に老後資金2000万円が必要と発表して話題となりましたが、お金や貯金に不安を感じている人は想像以上に多いということかもしれません。

夏の寝苦しさで眠れない……という人も多かったのでは?

1 2