タランティーノ監督最新作『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』、その気になる中身とは?

タランティーノ監督最新作『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』、その気になる中身とは?

クエンティン・タランティーノ監督の最新作『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』が完成しました。レオナルド・ディカプリオとブラッド・ピットという、ハリウッドに長年君臨する二大映画スターの初共演作としても注目されています。「初めて映画を観ることは、物語を発見する旅なのです」というタランティーノは自らネタバレ厳禁!を宣言。そこで、描こうとしたものとは?

『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』

『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』
(配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント)
●監督・脚本:クエンティン・タランティーノ ●出演:レオナルド・ディカプリオ、ブラッド・ピット、マーゴット・ロビー、エミール・ハーシュ、アル・パチーノほか ●8月30日全国ロードショー

【あらすじ】
1969年、ハリウッド。TV俳優リック・ダルトン(レオナルド・ディカプリオ)の人気は下降気味、映画スターへの転身へもがくもパッとしない日々が続いていた。本人に代わって危険なシーンをこなすスタントダブルのクリフ・ブース(ブラッド・ピット)は、そんなリックの付き人にして親友。ハリウッドで生き抜くことに神経をすり減らすリックと対照的にマイペースなまま、華やかな世界の片隅に生きることを楽しんでいた。ある日リックの隣家に、『ローズマリーの赤ちゃん』で時代の寵児となったロマン・ポランスキー監督と、スター女優への道を駆け上がるシャロン・テート(マーゴット・ロビー)夫妻が越してくる。一方、浮かれるような街のなか、ヒッピー少女の集団が異様な空気を放っていた……。

■レオとブラピ、世紀の初共演!

クエンティン・タランティーノ監督の新作が完成した!と言われると、なんだかんだいって、それは観なくちゃ!という気になります。9作目となる監督作『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』だって、もちろんそう。しかもレオナルド・ディカプリオとブラッド・ピットの共演が実現し、どうやら例のシャロン・テート惨殺事件を扱うらしいというのだから、観る前からザワザワとした期待感が募るのです。

レオナルド・ディカプリオは10代から完成された演技力とシャープな輝きを備えた圧倒的スターで、44歳になったいまも輝かしいキャリアを着実に築く稀有な人。この映画でのレオは、そりゃそうだよな!と納得させる演技力を見せます。彼が演じるリック・ダルトンはかつて(まあまあ)人気のあったTV俳優で、映画俳優への転身を夢見てジタバタするも、実際には当時B級扱いだったマカロニ・ウェスタンに誘われてうじうじ泣いちゃうような小人物。そんなリックを、レオは楽しそうに演じます。いかにも当時のTVシリーズの主役っぽい演技、テレビ番組に出演して整えられたヘアスタイルとこじゃれたスーツ姿で軽く歌って踊る姿、悪役として本気を出した時の凄味を感じさせる演技――まさに緩急自在なのです。

おっさん化してきたレオナルド・ディカプリオ、それがいい味!

そんなリックのスタントダブル、クリフ・ブースにブラッド・ピット。こんなにティアドロップ・サングラスが格好よくキマるスタントダブルがいるのか!?と一瞬思うけれど、ちょっとしたやさぐれ感と軽~く漂うようにハリウッドをのんきに生きる空気感をナチュラルに醸してシビレます。仕事を終えて自宅のトレーラーハウスに戻り、くわえタバコをしたまんま、愛犬にやろうとドッグフードの缶詰を開け、「待て」をさせつつ、いまにも餌に飛びかかろうとする愛犬と眼差しで真剣な攻防、みたいななんてことないシーンのこの格好よさはなに!?この人の演技力はあまりにナチュラルで高度過ぎて、そしてなにより格好良過ぎて!相応の評価を得ていないように思えるのです。

しかも、

55歳にして、 

脱いでもスゴイ。

そんなブラピとレオが相棒を演じるさまは、ハリウッドで長くスペシャルランクで在り続け、ハイレベルな演技力があるからこそのなんともいえない化学反応が起きていて、最後まで飽きさせません。さすが!

黄色いアロハも超お似合いなブラッド・ピット。格好いい~。

1 2
アラフォー 浮気 美人探偵 アプリ 浮気事件簿 恋愛 恋愛運 アラサー セカンド 金運 不倫 運勢 マッチングアプリ キャリア 婚活 占い 結婚 その1 恋愛講座 貧困女子
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。