質問攻めで沈黙知らず!「What brought you here?」など相手に話させる英語フレーズ5つ

質問攻めで沈黙知らず!「What brought you here?」など相手に話させる英語フレーズ5つ

英語での会話にあまり慣れていない場合、相手から質問を受けるよりも積極的に自分から質問を投げかけるようにすると会話がスムーズに進みます。また相手が話している間は上手に相槌を打って相手に気持ちよく会話を続けてもらえるとベスト。そこで「What brought you here?」など初対面の相手と会話をするきっかけとなる質問フレーズと相槌の打ち方をご紹介します。

初めて会った外国人には「What brought you here?」で日本に来た理由を尋ねよう

英語での”質問力”をアップして、会話上手を目指しましょう!

友人のデイジーに誘われ、デイジーの同僚が主催するホームパーティーに参加することになったAさん。仕事上英語を使うこともありますし、学生時代はアメリカに短期留学していたのである程度の英語は話せるつもりですが、多くのネイティブがいる中で飲みながらワイワイおしゃべりとなるとちょっとだけ不安が残ります。

そこでAさんは、相手にたくさん話してもらい自分は聞き役に徹するために、いくつかの質問を用意することにしました。そのひとつ目は「What brought you to Japan?(あなたはなぜ日本に来たの?)」

これで相手のバックグラウンドまで話を聞き出すことが出来ますし、その中で気になる事があれば会話を膨らませていくことできそうです。

そして相手が話している間は好奇心をもって「Interesting!(面白いですね)」/「I exactly feel the same way.(あなたと同じように感じます)」など相手の話を盛り上げるような相槌を打つことを忘れないようにしましょう。

仕事について聞くときは「What do you do for living?」

次にAさんが用意した質問は仕事についての質問で、「What do you do for living?(お仕事は何をされていらっしゃるのですか?)」というもの。

でもここで気を付けたいのが、パーティーでいきなり仕事を尋ねられると少し失礼に感じる人もいますので、「I’m working for a bank. What do you do?(私は銀行に勤めています。あなたは何をしているのですか?)」といったようにまず自分から伝えるのも一つのアイデアです。特に同じ業界の人が多いと思われるパーティーなどでは、自分から職業を伝えることでより話がはずむ可能性が高まります。

また「Where do you work?(どこで働いているのですか?)」と聞くことで、会社名あるいは勤務地を尋ねることが出来ます。聞かれた相手は、会社を言いたくなければ勤務地を答えるでしょうし、問題ないと感じれば勤務先の企業名を答える人もいるでしょう。

そして仕事の話を一通り聞いたところで「What do you like the most about your job?(あなたの仕事で一番好きなのはどんなところですか?)」と更に話を膨らませられると楽しい会話が成立しそうです。

1 2
恋愛 キャリア 運勢 浮気事件簿 アプリ アラフォー 結婚 恋愛運 不倫 恋愛講座 占い 貧困女子 セカンド その1 婚活 金運 美人探偵 浮気 アラサー 時短
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。