【セカンド女子】簡単に体を許してしまうから、本命になれない……その行為に嫌悪感を抱くまで~その2~

【セカンド女子】簡単に体を許してしまうから、本命になれない……その行為に嫌悪感を抱くまで~その2~

彼氏はいるもののセカンドポジションのまま、いつまでたってもファースト(本命)になれない女性たちに迫る今企画。そのセカンド体質の原因を探ります。~その1〜はコチラ

今回お話を伺ったのは、都内にあるインターネットのインフラを行なう会社で派遣スタッフとして働く宮崎純子さん(仮名・37歳)。男性が好みそうな、女性らしくおとなしい印象のある女性です。出身は都内で、両親との3人家族。初めて付き合った男性とは体の関係だけでつながり、最後にはこっぴどく振られ、片思い中だった男友達ともセフレに。その行為がいけないことなのだと、行為自体に嫌悪感を抱くようになっていきますが……。

「簡単に体を許してしまうから、私は本命になれないんだと思いました。よくセフレから彼女に昇進するなんてありえないって言うし。私自身も好きな人とそうなりたいという願望もあまりなく、手をつないだり、キスをしたり、一緒に隣で眠るだけで幸せを感じられます。今まで好きになった男性が悪いんじゃなく、その行為自体が悪なんだと、偏った考えを持つようになりました」

その後の出会いについては慎重を心がけたという純子さん。しかし、その愛想の良い態度が男性を勘違いさせることも多かったとか。

「私は合コンなどではモテるタイプというか……合コンはもちろん彼女を見つける目的もあると思いますが、その場が楽しければいいという男性も多い。私もそっちのタイプで、愛想良く盛り上げに回ることが多くて。それはカッコいい男性だけでなく、誰にでもです。たまにカッコいい人がひとりもいない飲み会などでは、他の女性たちがあからさまにテンションが下がっているとわかる場面もあって、そんな時は必死で頑張っちゃうんです。飲み会では、知り合いの女性は数人で他は知らない人ということも多いから、その子たちに注意なんてできません。その愛想を勘違いされて、言い寄られることがたくさんありましたね」

そんな中で、気になった男性がいた場合はどうするのかと聞いてみると……。

「みんなに愛想が良い感じでその彼だけにアピールしないといけないから、どうしても物理的な距離が近くなってしまうんです。それを“今すぐにでも”というアピールに取られて、その後2人で飲みに誘われた後にホテルに誘われることもしばしば。私は体から始まる恋愛は二度としたくなったので、そこを拒否するとそれっきりになることばかり。しばらくは、まったく彼氏ができない状態が続きましたね」

固い誓いが崩れるきっかけは、体の関係のあった男友達との再会

1 2
恋愛 アラフォー 美人探偵 貧困女子 アラサー 金運 恋愛講座 浮気 浮気事件簿 アプリ その1 キャリア 婚活 占い 結婚 運勢 恋愛運 セカンド 時短 不倫
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。