賢い人はもう始めている!?キャッシュレス決済に積極的な都道府県はあの県だった!

賢い人はもう始めている!?キャッシュレス決済に積極的な都道府県はあの県だった!

10月の増税を前に、優遇措置が取られるなど注目が集まっているキャッシュレス決済。まだまだ、導入するには腰が重い堅実女子も多いかもしれません。果たして、キャッシュレス決済の普及はどれくらいなのでしょうか?

ピっとかざすだけで支払いが完了する手軽さが魅力!

地域差がくっきり! 多様化するキャッシュレス決済

株式会社ジャパンネット銀行が行なった「キャッシュレス決済に関する調査」によると、都道府県別でキャッシュレスの普及率に差が出ているようです。それでは、気になる結果を見てみましょう。

意外な地域差がくっきり!

都道府県別で利用割合を見ると、「プリペイド式電子マネー」利用率1位はなんと、愛媛県(73.3%)がランクイン。

首都圏ではおなじみの、「交通系電子マネー」利用率1位は、東京都(76.7%)という納得の結果になっています。最近、普及しつつある「QRコード決済」利用率1位は宮城県(63.3%)、「後払い式電子マネー」利用率1位は神奈川県(36.7%)、「デビットカード」利用率1位は大阪府(36.7%)という利用地域がわかれる驚きの結果になりました。ひとくちに「キャッシュレス決済」と言っても、地域によって利用している決済方法にも違いがあることが判明しました。

キャッシュレス決済の中でも、気になるのが「日常的に利用しているキャッシュレス決済方法」ではないでしょうか。一番、身近なキャッシュレス決済とは、いったい何なのでしょうか?

プリペイド式なら、使い過ぎも気にしなくてすみます。

やはり1位は、飲食店やコンビニでもおなじみの「プリペイド式電子マネー」(54.0%)。楽天Edyやnanaco、WAONなど種類が多いため、自分の生活圏でよく使うカードを一枚決めると、レジなどで便利です。

2位は、みんな財布に一枚は入っている「交通系電子マネー」(37.0%)。交通費だけではなく、自販機などでも使える手軽さが魅力です。3位は、最近よく広告など目にする「QRコード決済(LINE Pay、PayPayなど)」(36.5%)。画面の表示の仕方がわかりづらかったり、専用のアプリをダウンロードするのが面倒という理由で、カード式のキャッシュレス決済よりも導入が鈍いのかもしれません。

1 2
金運 貧困女子 運勢 婚活 浮気事件簿 アプリ 不倫 恋愛講座 セカンド 結婚 キャリア アラフォー 美人探偵 占い 時短 恋愛運 恋愛 アラサー 浮気 その1
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。