【セカンド女子】仲間からの敵意は一生涯!? 過去の不倫が今彼との結婚の障害に!~その1~

【セカンド女子】仲間からの敵意は一生涯!? 過去の不倫が今彼との結婚の障害に!~その1~

20~30代の独身女性の彼氏がいない確率が50%を超える今。いつの間にやら少数派になった彼氏持ちの女性の中には、彼氏はいるもののセカンドポジションのまま、いつまでたってもファースト(本命)になれない女性たちがいます。彼女たちが本命になれない原因は何なのでしょうか……。彼女たちの過去の恋愛から、その原因を探っていきます。

☆☆☆

今回お話を伺ったのは、大阪市内にある飲食店で働いている橋本彩子さん(仮名・35歳)。暗めの茶色の髪は真っすぐで、しっかりと手入れが行き届いているのか天使の輪が見えます。服装は黒のタイトなノースリーブシャツに、カーキのベイカーパンツを合わせていて、細身の体にはよく似合っています。彩子さんはとにかく小顔で、目鼻立ちなどの各パーツも小さめなところから、少し儚げで男性受けしそうな印象を抱きました。そんな彼女のセカンド気質はどこにあるのか――。生い立ちや、学生時代の恋愛から話を伺っていきます。

「出身は兵庫県で、両親と2歳下に妹のいる4人家族です。母親は厳しく、父親はとにかく優しかったという記憶が残っています。母親からは何か私たちに気に食わないこと、例えば返事をちゃんとしなかったことぐらいで手をあげられていました。父親は毎日仕事で遅く帰ってくるのでその場で庇ってくれるなんてことはなかったのですが、休みの日は朝から晩までずっと私たちと遊んでくれていました。その時に、妹と一緒に母親の悪口をずっと聞いてもらっていたことを覚えています」

初めて彼氏ができたのはいつですか?

「短大の時です。私は高校までは部活一筋でずっとバレーボールに夢中でした。別に強豪校にいたわけではないんですが、勉強はまったくできなかったし楽しくもなかったから、打ち込めるものがバレーボールしかなくて。短大でも体を動かしたかったから、友人の勧めで他校の生徒も参加できる、ある大学のスポーツサークルに入ったんです。彼とはそこで知り合いました」

彼はお酒好きだったこともあり、飲んで記憶も失うことも多かったとか。

「彼は3歳上だったんですが、一浪して一留していたので、まだ大学3年だったんですけどね(苦笑)。彼が留年したのは酒癖の悪さから。平日もお構いなしに飲みまくって、授業に出ずに単位を落としていました。私は未成年だったので、いつも彼がお酒を飲みに行く場には参加させてもらえず、彼の一人暮らしの家で一人ぼっちで朝まで過ごすことばかり。彼は記憶がまったくないと言って何をしていたかを濁すんですが、朝帰りの彼から別の女のニオイがしたり、女性の残り香を彼の部屋で感じることもあって……。でも、私が家に居る時に鉢合わせなどは一切なかった。だから逆に記憶がないとかが嘘だと思っていました」

彼と別れた後に付き合ったのは既婚者の雇われ店長

1 2
恋愛 美人探偵 浮気 キャリア アラフォー 浮気事件簿 不倫 金運 恋愛講座 結婚 時短 占い 貧困女子 アラサー 恋愛運 婚活 運勢 アプリ セカンド その1
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。