【セカンド女子】仲間からの敵意は一生涯!? 過去の不倫が今彼との結婚の障害に!~その2~

【セカンド女子】仲間からの敵意は一生涯!? 過去の不倫が今彼との結婚の障害に!~その2~

彼氏はいるもののセカンドポジションのまま、いつまでたってもファースト(本命)になれない女性たちに迫る今企画。そのセカンド体質の原因を探ります。~その1〜はコチラ

今回お話を伺ったのは、大阪市内にある飲食店で働いている橋本彩子さん(仮名・35歳)。小顔でスタイル抜群、それでいて派手さのないところから男性受けが良さそうな女性です。出身は兵庫県で、両親と2歳下に妹のいる4人家族。初めて付き合った彼氏はアル中一歩前の大学生で、相手の親の介入により別れることに。そして次の恋愛相手は既婚者。自ら苦労する道を選択しているように見えます。

「バイト先の店長は確かに茨の道というか、既婚者だと知りながら好きになったのである程度のことは覚悟していましたけど」

バイト先の店長との関係は中々進展しなかったそうですが、なんとバイト仲間の協力を得ることができてうまくいくように。

「私が店長に惹かれていることはみんなにバレバレだったし、みんな店長が私のことを相手にすると思ってなかったみたいなんです。店長は、常にみんなの前で奧さんの話をするような愛妻家のイメージもありましたから。だから面白がって、バイト中もわざと2人きりになる時間を作ってくれたりもして。休みの日に、みんなでバイト仲間の1人の家で宅飲みする時があって、その時に朝まで2人にさせられたんです。半ば強制的に。その時に、男女の関係に進展してしまったんですよね。彼とのスタートはお酒の力も大きかったと思います」

しかし本当に不倫関係に進展してしまったことで、バイト仲間は手のひらを返したような態度に一瞬で変わってしまったとか。

「あからさまな敵意で無視してくる女の先輩、『バカじゃないか』と強く注意してくる社員さん、バイト友達でさえ『今すぐ別れろ』と言ってくるばかり。まさに四面楚歌みたいな状況になってしまいました。でも、彼とはラブラブでしたよ。彼もみんなから私より責められていたけど、別れようとはなりませんでした。もうバレているからと開き直っちゃって、一緒の休みを取ることもありましたね。だって、周りは何も関係ないのに言ってくるだけの人たちだから、気にしてなかったというか」

店長は奥さんを選び、彩子さんも別店舗に移動して完全に別れたものの……

1 2
恋愛講座 時短 浮気 美人探偵 貧困女子 アプリ アラフォー 恋愛運 浮気事件簿 運勢 セカンド キャリア 不倫 アラサー 恋愛 その1 占い 結婚 婚活 金運
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。