堅実女子ニュース&まとめ 【敏腕ブランドプロデューサー柴田さんが伝授!】友だちの結婚を心から喜べない……そんなときはどう対処するべきか

嫌な感情をなくすためには、どう行動すればいいのか?を考えてみることが大切

私自身も、これまでの人生で「嫉妬」という感情に出合ったことがないわけではありません。でも、そこでどうしてきたか?といったら、まず思ってしまったことはしょうがないので潔く認める。そして認めたうえで、そう思わないようになるためにはどうすればいいのか?を考えるようにしていました。

友達が結婚して、それに対して思うことがいろいろあるのはわかりますが、結婚した事実は変わりません。だから、嫌だなって思ったり、先述したように悪口を言ったりすることに時間を使うのは、自分の魅力を落とす第一歩です。

まずは、そういうことで頭を埋めないために暇をなくそうと考えるのもいいかもしれません。スポーツをしてみるとか、気分転換に旅行に行ってみるとか。また素敵だなと思う人に影響されてみるのもいいかもしれません。

とびきり明るい人に会って、その話をしてみる。「でも、それはそれだよね。性格悪くても結果出したんだから、すごいね、その子」なんて能天気な回答が返ってきたらどうでしょう。それに圧倒されて、自分の感情がリセットされることだってあると思うのです。

嫉妬や妬みなど、自分がよしとしない感情が湧いてしまった時、その事実を変えることはできません。でもそれを受け止めてコントロールし、その感情を減らしたりなくしたりすることはできると思います。

「嫌だ」と思い続けて何もしないでいたら、ずっと「嫌だ」っていう感情のまま。だから、そう思ってしまったのであれば「その嫌な感情をなくすためにはどう思考し、行動すればいいのか?」を考えてみることが大切です。そんな私自身も、まだまだそういうことはいっぱいある未熟な人間ですが、そのたびに自分はどう対処するのか?をしっかり考えて実行に移すようにしています。

賢人プロフィール

柴田陽子事務所代表
柴田陽子
神奈川県生まれ。大学卒業後は、外食企業に入社し、新規業態開発を担当。 その後、化粧品会社での商品開発やサロン業態開発なども経験し、2004年「柴田陽子事務所」を設立。 ブランディングプロデューサーとして、コーポレートブランディング • 店舗プロデュース • 商品開発など多技に渡る コンサルティング業務を請け負う。ミラノ万博・日本館、パレスホテル東京、東京會舘などに関わる。 2013年秋アパレルブランド「BORDERS at BALCONY」を立ち上げる。最新著書に『あなたの味方が増える 魔法のToDoリスト』(小学館)がある。

柴田さんの最新刊『あなたの味方が増える魔法のToDoリスト』(1400円+税)。小学館刊。

1 2