堅実女子ニュース&まとめ 妊娠中に働いていた女性の実態は?約7割の回答者が妊娠初期での職場への報告をためらったとも……

女性活躍推進の名のもとで、女性が働きやすい職場であることを積極的にアピールしている企業も多い今日この頃。でも、実際のところはどうなのでしょうか。

「確かに変わってきたと実感している」人もいれば、「そんなの名ばかりだ……!」ともどかしさを感じている人もいるかもしれません。

今回は、雪印ビーンスターク株式会社が実施した「妊娠中に働いていた女性の実態調査」の結果をご紹介しながら、働く女性の現状を見ていきます。

つわり中に辛かったこととして「仕事」を挙げた人は半数以上

妊娠中の女性の悩みのひとつ、つわり。症状や重さ、時期などは人によって異なるものの、多くの場合は妊娠初期の段階に吐き気や嘔吐が見られます。「いつまで続くかわからない」不安に、心身ともに疲れ切ってしまう人も多いでしょう。

そんなつわりに苦しんだ経験を持ち、かつ妊娠中に働いていた女性に、つわりがあることで辛かった場面や経験を聞いたところ、次のような回答結果が出たそうです。

ほぼ毎日しなければならないことが上位にランクインする結果に!(雪印ビーンスターク調べ)

2位の「仕事(業務)」だけでなく、4位「人混み」や6位「電車や交通機関での移動」、7位「同じ姿勢をとり続ける事」、8位「何かに集中する事や作業」はすべて仕事に通づるもの。多くの女性がつわりに耐えながら、仕事をするのがしんどかったのがわかりますね。

1 2